デートアプリで「モデル募集」…インテルと対戦のラピド・ウィーンMF、めざすは勝利よりミラノでの出会い?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月20日

逆転突破より大事なものが?

2月21日、サン・シーロのピッチにこのショーベスベルガーの姿はあるのか。(C)Getty Images

画像を見る

 マウロ・イカルディのキャプテンマークをはく奪し、エースとの内部対立が騒がれているインテルは、2月21日のヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第2レグでラピド・ウィーンと対戦する。

 主将の座を取り上げられたイカルディが遠征帯同を望まなかったオーストリアでの第1レグは、代役ラウタロ・マルティネスのゴールで1-0と勝利した。ただ1点差とあり、ベスト16進出を懸けた勝負の行方はまだ分からない。

 当然、ルチアーノ・スパレッティ監督やチームはサン・シーロでの第2レグを前に気を引き締めているだろう。だが対照的に、ラピドの中には逆転突破をあきらめている選手がいるのかもしれない。
 
 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』などが報じたところによると、ラピドMFのフィリップ・ショーベスベルガーが、デートアプリ「Tinder」を使い、ミラノでの出会いを求めているという。

 これによれば、ショーベスベルガーはアプリ内で「ミラノにはふた晩しかいない。だから、みんな急いだほうがいいよ。いま僕は、僕のモデルを探しているんだ」と申し出ているとのこと。なお自身のプロフィールには、ウィーンでの第1レグでインテルと対戦した際の写真を使っているそうだ。

 ショーベスベルガーが言う「ふた晩」は、試合前夜と当夜ということだろう。試合前日に“モデル”と会うつもりなのだろうか。いずれにしても、報道が事実であれば、ディートマー・キューバウアー監督の怒りを買うのは間違いない。

『Gazzetta dello Sport』紙は、「プロフィールを見た者は、サポーターが選手を演じているのではなく、選手本人に間違いないと確信している」「試合について話そうとしたら、マッチングから消えた」と報道。「インテル内部はいまだ緊張状態にあるが、ラピドの選手はよりリラックスしているようだ」と皮肉的に伝えている。

 なお、ショーベスベルガーはベンチスタートの見込みとのことだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ