【神戸】開幕戦でまさかの“ゼロトップ”も、今季の本質はイニエスタのフリーマン化にあり

カテゴリ:Jリーグ

白井邦彦

2019年02月24日

ビジャとポドルスキがワイドに張り、イニエスタはトップ下。純粋なトップは無し

開幕戦では随所に輝きを放ったイニエスタだが、決定的な仕事はできなかった。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ開幕戦]C大阪1-0神戸/2月22日/ヤンマー
 
 42,221人がヤンマースタジアム長居に詰めかけたC大阪と神戸の開幕戦。注目度の高い神戸をキャンプから継続的に追ってきたメディアは少なくないが、そんな神戸の担当記者たちを驚かせたのは“ゼロトップ”だった。
 
 キックオフ直後、取材ノートにビジャとポドルスキの2トップ、トップ下にイニエスタとペンを走らせた記者も多いだろう。なぜなら公開練習では、ずっとビジャの1トップを見せられてきたから。ポドルスキとの2トップは想定内として、さすがにゼロトップは……。
 
 ビジャとポドルスキがワイドに張り、イニエスタのプレーエリアはトップ下辺り。そして純粋なトップは無し。“やられた”である。
 
 もちろん、策士リージョ監督がC大阪戦のために用意した限定的なオプションの可能性もある。試合後の会見でリージョ監督は次のような発言をしているからだ。
「(狙いは)ビジャとポドルスキで相手の5人(DF)を引き付けること。イニエスタを相手センターバックから距離を置いた位置でプレーさせ、相手センターバックが常に両サイドからビジャやポドルスキが裏を狙ってくるという恐怖にさらされながら、イニエスタにどう対応するかの反応を見る。そこが“今日の”狙いでした」
 
 結果的に、前半と後半25分間は相手ゴールに近い場所でプレーできていたとリージョ監督は話す。
「エリア内にかなり人数をかけることができた。エリアまで運べたということは評価できる」
 
 さらに言えば、ポゼッション率は神戸が60%を超えていた。つまり、神戸が目指している相手陣内に押し込んだ中でのポゼッションサッカーをピッチで表現できていたと見ていい。昨季から大きく進化した部分と言えるだろう。
 
 もうひとつ興味深かったのが、イニエスタのフリーマン化だ。昨季から傾向は見られたが、さらに進化している印象である。練習時の4対4や紅白戦などでもイニエスタの立ち位置はほぼフリーマン。言い換えると、イニエスタ中心のチーム作りを進めてきたわけだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ