中東で“笑撃”ハプニング! 元フランス代表FWのゴールパフォーマンスが怖すぎてボールボーイがまさかの…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月23日

本人は「子どもは食べないよ…」と反省

ゴミスのライオン・パフォーマンスはサッカー好きの間ではお馴染みだが、幼い少年には刺激が強すぎたようだ。写真はスウォンジー時代のもの。 (C) Getty Images

画像を見る

 前代未聞の“笑撃”ハプニングが話題を呼んでいる。

 当事者となったのは、現在サウジアラビアの強豪アル・ヒラルに所属する元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスだ。

 現地時間2月22日に行なわれたサウジアラビア・リーグ第21節のアル・イテハド戦に先発出場していたゴミスは、67分に値千金の先制点を叩き込むと、“お馴染み”ゴールパフォーマンスを披露した。

 ゴミスのお馴染みのゴールパフォーマンスとは、得点後に四つん這いになって、叫びながらゆっくりと歩くというライオンをモチーフにしたもので、プロキャリアをスタートさせたリーグ・アンのサンテティエンヌに所属していた時の同僚がやっていたものをアレンジして誕生した。以来、彼がゴールを決めるたびにそのパフォーマンスは行なわれ、ある種のトレードマークのようになっていた。

 当然、ゴミスはアル・イテハド戦でも、いつものように感情を込め、ライオンになりきった渾身のパフォーマンスを披露。しかし、ここでハプニングが起きる。なんと目の前に立っていた9歳ほどのボールボーイが恐怖のあまり逃げ出してしまったのだ。
 
 ゴミスは、身長184センチで、さらにドレッドヘアーの強面。そんな大型FWが鬼気迫る表情で近寄ってくるのだから、ボールボーイの少年が逃げ出すのも無理はない。その迫力はハプニングの瞬間を紹介した英紙『Evening News』が、「あまりのカオスに少年が呑み込まれた」と綴ったほどだ。

 もちろん、ゴミスに悪気はなかった。試合後に自身のSNSで、少年にユニホームとハグを贈り、怖がらせてしまったことを「謝った」と公表した元フランス代表FWは次のようなメッセージも添えている。

「この勝利はとても嬉しいよ。タイガー(アル・イテハドの愛称)に勝つには全力を尽くさなければいけなかった。自分の雄叫びを怖がっていたあの子には申し訳ないと思う。ただ、僕は子どもを食べたりしないよ」

 そんなゴミスが主砲を担っているアル・ヒラルは、アジア・チャンピオンズリーグで中島翔哉擁するアル・ドゥハイル(カタール)、塩谷司が所属するアル・アイン(UAE)と同じグループCに入っている。対決の時には、そのプレーとともに迫真のゴールパフォーマンスにも注目だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ