広島がサロモンソンの圧巻ゴラッソで勝点1を確保!清水は日本代表の北川航也が今季初得点

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月23日

先制点を奪われたものの、57分に新助っ人の豪快ボレーで同点に

アグレッシブに攻撃に参加したサロモンソンが、勝点1を確保する豪快ボレーを沈めた。写真:川本学

画像を見る

[J1リーグ1節]広島1-1清水/2月23日/Eスタ
 
 J1リーグ1節のサンフレッチェ広島対清水エスパルスが23日、エディオンスタジアム広島で行なわれ、1-1の引き分けに終わった。
 
 先制点を挙げたのは清水だった。30分、バイアルエリアでボールを受けた金子翔太がダイレクトで縦パスを出し、これに北川航也が反応。フリーでエリア内に侵入すると、左足でグラウンダーのシュートを逆サイドに流し込んだ。このゴールで先手を取った清水がペースを握ったまま、前半を折り返す。
 
 後半に入ると広島は55分にエースのパトリックを投入。直後の57分に同点弾が生まれた。左サイドを上がった佐々木翔のクロスはDFにクリアされたが、この浮き球に素早く反応したエミル・サロモンソンが、ダイレクトボレーでゴラッソを叩き込んだ。
 
 その後、広島はサイド攻撃を軸に攻勢を強めたが、パトリックが決定機を外して追加点はならず。1-1で勝点1を分け合った。

 同点弾を決めたサロモンソンは、試合後のフラッシュインタビューで「ボールが自分のところに流れてきたので決められて良かった。もっと試合をやっていくことでチームにフィットしていくと思うし、もう少しゴールを決められた試合だったと思う」とコメント。後半のチャンスを逃したことを悔やんだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ