もっとも"効果的"な補強をしたクラブは?優勝候補は川崎、浦和、鹿島の3強だが…

カテゴリ:Jリーグ

飯尾篤史

2019年02月22日

良い補強をしたというイメージが真っ先に浮かぶのは…

守備陣に新助っ人を迎えた清水や攻撃陣に厚みを加えたFC東京、また大型補強をした神戸の3クラブが非常に興味深い。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 編集部からのお題は“効果的な”補強をしたチーム――。ビッグネームを獲得したチームでも、大型補強を敢行したチームでもない、というのがミソだろう。
 
 もちろん、ネームバリューやインパクトを考慮すれば、FWダビド・ビジャを獲得したヴィッセル神戸、ゼロックス・スーパーカップでさっそくFWレアンドロ・ダミアンが存在感を放った川崎フロンターレ、FW杉本健勇、DF山中亮輔、DF鈴木大輔、MFエヴェルトンら実力者を獲得した浦和レッズの名前が浮かぶだろう。
 
 でも、それでは面白くない――というのが、編集部の意図のはず(だと勝手に解釈)。どのチームもそれなりに効果的な補強をしているのは承知のうえで、そのなかでも「なるほど!」とうならされた補強を行なった3チームを挙げてみたい。
 
 良い補強をしたというイメージが真っ先に浮かぶのが、清水エスパルスだ。昨季、ヤン・ヨンセン監督を迎えた清水は北川航也、ドウグラス、金子翔太の3人がふた桁得点をマークした。これは優勝した川崎でも成し得なかった記録で、クラブの歴史においても1998年に澤登正朗、オリバ、アレックス(のちの三都主アレサンドロ)の3人が記録して以来、実に20年ぶりのことだった。
 

 その3人に左サイドハーフの石毛秀樹を加えた前線のカルテットはそのままに、彼らを支える中盤から後ろをしっかりと補強した。ボランチのヘナト・アウグストとセンターバックのヴァンデルソンをブラジルのクラブから、右サイドバックのエウシーニョを王者・川崎から迎え入れたのだ。
 
 ドウグラスが不整脈のために出遅れたのは誤算だったに違いないが、その穴は鄭大世が埋めるはず。ポジション別の選手層にバランスが取れたのは間違いない。
 
 続いて2チーム目は、FC東京だ。昨季の34失点は川崎の27失点に続き、サガン鳥栖と並んでリーグ2番目に少ない数字だった。しかし、39得点は下から4番目の少なさだったため、長谷川健太監督は今季、「失点数はそのままで、得点数を15増やす」と目論んでいる。それゆえ、補強ポイントも明確で、清水とは反対に、攻撃陣を補強した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月4日発売
    REAL MADRID
    第3次銀河系の全貌
    400億円投資でどう変わる?
    プレミア開幕1か月前点検も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ