「家で2日間は泣き通した…」「苦しかった」 2年連続での骨折で離脱のネイマールが悲痛な心境を吐露

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月20日

昨年2月に続く骨折に悲痛な心境を吐露

再び大怪我を負って長期離脱を余儀なくされたネイマールが、本音を明かした。 (C) Getty Images

画像を見る

 今年1月23日に行なわれたフランス・カップ、ラウンド・オブ32のストラスブール戦で右足を痛めたパリ・サンジェルマン所属のブラジル代表FWネイマールは、検査の結果、足首の骨折が判明。長期離脱を余儀なくされている。

 今シーズンも公式戦23試合で20ゴール・11アシストを叩き出し、勝利を重ねたパリSGで大きな存在感を放ったネイマール。それだけに、最低でも3月末までは復帰不可能というニュースは、ファンの間で大きな話題をさらった。

 とにかく、骨折の箇所が悪かった。昨年2月25日のマルセイユ戦(リーグ・アン第27節)で痛めた右足の中足骨だったのだ。ロシア・ワールドカップを前にメスを入れることを余儀なくされ、本大会のパフォーマンスにも影響を与えた悪夢の怪我の再発を、ネイマールは「より複雑な気持ちだ」と嘆いた。

 彼はブラジル・メディア『Globo』の取材に対し、以下のように本音を漏らしている。
 

「去年、怪我をした時は『手術する。できるだけ早く治さないといけないんだ』と、すぐに言えたし、決断できた。だから、悲しくはなかった。でも今回は、また同じ部位でショックだったから、乗り越えるのが苦しかった。家で2日間は泣き通したよ」

 なおパリSGのメディカルスタッフは、ネイマールと協議した結果、今回は手術ではなく、保存治療で治癒させる方針を決めた。『Globo』によれば経過も順調で、バルセロナなどでのリハビリが功を奏しているという。

 ショッキングな怪我を克服しようと励む27歳のクラッキはいつ、元気な姿を披露できるか。そして、復帰後にいかなるパフォーマンスを見せるのか。ネイマールのカムバックを、ファンも待ち焦がれている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ