埼スタを沸かせた圧巻ドリブル! 目標のチリ代表入りへバスケス・バイロンが描く進化の道筋

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2019年02月17日

ゼロックス杯前座のネクストジェネレーションマッチでも存在感を発揮

U-18Jリーグ選抜との一戦で、バスケス・バイロンが持ち前の突破力を見せた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 富士ゼロックス・スーパーカップの前座試合として行なわれたネクストジェネレーションマッチの日本高校サッカー選抜対U-18 Jリーグ選抜の一戦。選手権王者となった青森山田のMFバスケス・バイロンは、選手権の時のように、得意の切れ味鋭いドリブルで埼玉スタジアムを何度も沸かせた。

 4−3−3の左のインサイドハーフとして起用されたバイロンは、立ち上がりから積極的に仕掛ける。11分に失点を喫するも、それ以降も「調子も良かったので、今日は行けると思ってどんどん行った」と語ったように、仕掛けの手を一切緩めなかった。

 29分にはMF鈴木唯人の縦パスを受けて素早くターンしてドリブルで運ぶと、青森山田のチームメイトであるDF豊島基矢とのワンツーで抜け出し、決定的なシュートを放った。

 後半に入ると、さらにバイロンのドリブルが効力を発揮。73分には仕掛けるフリをしてクロスを送り込むなど、変化を付けながらゴールに迫った。そして、試合終盤に彼が冷静な判断を下した。

「左でプレーしていたのですが、今日の調子なら得意の右サイドに移った方がもっと良いプレーが出来ると思ったし、流れ的にも点が欲しい状況だったので、(西川)潤に『左右入れ替わってくれ』と言って、右のシャドーに入りました」

 もともと朝岡隆蔵監督は「攻撃に関しては流れと相手を見て自由に(ポジションを)入れ替わっていい」とチームに伝えていた。特にFW宮崎純真、西川、バイロンの前線の3枚に対しては、「相手を見てやれることを自分達で決めていい」と伝えられており、それをバイロンは状況と自身のコンディションを鑑みて実行したのだった。

 その直後に貴重な同点弾が生まれた。後半アディショナルタイム2分、西川が左サイドでDF水野雄太と相手をサンドしてボールを奪い、ドリブルを仕掛けると、バイロンは右からダイアゴナルランでゴール前に走り込んだ。そして、西川の左足シュートがDFに当たってゴール前にこぼれると、バイロンが誰よりも早くボールに追いついてゴールに押し込んだ。

「潤のシュートの裏を狙っていた。良い形でボールがこぼれてくれました」
 バイロンのゴールにより試合はドロー決着。80分間プラス、アディショナルタイムを通じて、彼の積極的な仕掛けが光った一戦となった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ