【選手権】もはや“達人”!? 何度も大観衆をどよめかせた青森山田のバスケス・バイロンが語る「股抜き極意」

カテゴリ:高校・ユース・その他

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年01月15日

「こうやってやれば相手が股を開くというのは分かっているんですよ」

バスケスのドリブルに流経大柏のDFが食らいつく。実に魅力溢れるプレーだった。写真:田中研治

画像を見る

[高校選手権・決勝]青森山田3-1流経大柏/1月14日/埼玉

 全国高校サッカー選手権大会の決勝戦が1月14日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、青森山田が流経大柏を3-1で下し、2年ぶり2回目の優勝を果たした。
 
 この試合、最も会場を盛り上げたのは、青森山田の右サイドハーフのバスケス・バイロン(3年)だろう。変幻自在のドリブルで54,194人の観衆を大いに沸かせただけでなく、1-1で迎えた後半18分には巧みな切り返しを駆使して右サイドを突破し、グラウンダーのクロスで檀崎竜孔(3年)のゴールをアシストした。
 
 バスケスのドリブルのなかでも、何度もスタジアムが「うぉー!!」とどよめいたのは股抜きだ。観客を魅了したその技のコツを聞こうと、「すっごい股抜きが好きですね」と話を振ってみた。
 
 すると、こだわりがあったのか、「ハッハッ」と声を出して嬉しそうに笑う。そして、こう答えてくれた。
 
「ドリブルで何度か縦への突破や中へのカットインをしているうちに、徐々に股は開いてくるので。1年間通して、(高円宮杯)プレミアリーグでも1試合に1、2回は股を抜いていました。かなり何回もしているので、身体で股の抜き方を覚えましたし、慣れましたね」

 まるで“達人”かのように、自信満々に話す。思い返せば、3-3でPK戦の末に勝利した尚志戦でも、少なくとも3回は股抜きをして約2万人の観衆をどよめかせていた。そこで、「こうやってやれば相手が股を開くというのは分かっているんですよ」とも言ってのける“股抜きのプロ”に、技のコツも聞いてみた。
 
「相手が(僕の)ドリブルに対して近づいて走る時、必ず股は開くんですよ。そこを狙っています。誘っていますね。わざと相手のところにボールを近づけて、(足を出した)そこから横にちょっとずらすんです」
 
 そう極意を語るバスケスは、相手DFを十分に食いつかせてから股抜きをするため、一瞬にして敵と入れ替わる。そこで余裕ができて、クロスやシュートに持ち込み、準決勝でも決勝でも何度もチャンスを演出した。
 
 ただ敵の股にボールを通すだけではないバスケスの“股抜き”は、相手の守備を崩す技として実に効果的だった。その自負があったのだろうか、自らの股抜きにどよめいた埼玉スタジアムの観衆の反応について感想を聞くと、バスケスは「なんだかんだ1年間、この日のためにやってきたと思いますし、埼スタに見せつけたかったですね。自分のプレーを」と胸を張って述べた。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ