【プレミアの知られざるリーダー④】「僕らはエバートンなんだ!!」と熱く鼓舞し、優しく仲間に寄り添う闘将|コールマン

カテゴリ:ワールド

内藤秀明

2019年02月09日

悩みを抱える仲間に寄り添える優しい心も

世代交代が進むエバートンをピッチ内外で牽引するコールマン。(C)Getty Images

画像を見る

 2017年3月に行なわれたワールドカップ予選のウェールズ戦で、右足の脛骨及び腓骨を骨折。選手生命が危ぶまれるほどの重傷を負いながら、懸命にリハビリを重ねて見事にカムバックしたエバートンのDFシェイマス・コールマンは、アイルランド人らしく実直で熱い男だ。そして一切の妥協を許さない。

 プレシーズンでもその姿勢は一貫しており、望んだ結果が得られなかった試合の後には、「プレシーズンかどうかなんて関係ない。僕らはエバートンなんだ!!」とチームメイトを鼓舞すると、「ドレッシングルームの沈んだ雰囲気を、どうにか変えなければならない」と使命感に燃えていた。
 
 悩みを抱える仲間に寄り添える優しい心も併せ持つ。MFのジェームズ・マッカーシーが、足が変形するほどの大怪我を負った際には、「彼のためにも活躍したい。同じ大怪我を負った僕が活躍すれば、マッカーシーにとっても心の支えになるはずだから」と語って励ました。

 言葉だけではない。実際、「僕が絶望している時は、いつも傍で支えてくれた」とマッカーシーが打ち明ける。

 今シーズンのエバートンは世代交代が一気に進み、長くリーダーシップを取ってきた主将のフィル・ジャギエルカが出場機会を大きく減らしているものの、ピッチ上にコールマンがいれば、若いチームが指針を失うことはないはずだ。

文・編集●内藤秀明(サッカーライター)&プレミアパブ編集部

※『ワールドサッカーダイジェスト』2019年2月7日号より転載

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月9日号
    4月25日発売
    さらば平成──
    日本サッカー激動の30年史
    厳選20クラブヒストリーに
    巻頭では小野伸二が登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ