【プレミアの知られざるリーダー③】テリーの正統後継者にしてハイブリット型の新リーダー|アスピリクエタ

カテゴリ:ワールド

内藤秀明

2019年02月09日

「ロッカールームの空気を変えられる存在」

レジェンドの背中を見て育ったチェルシーの新リーダーがこのアスピリクエタだ。(C)Getty Images

画像を見る

 ディディ・ドログバ、フランク・ランパード、そしてジョン・テリー。気まぐれなロシア人オーナーの下、監督や方向性がコロコロ変わるなか、チェルシーが大崩れせずに安定した成績を残せてきたのは、彼らのような多様なリーダーたちがチームを支えてきたからだ。そんなレジェンドたちの背中を見て育ったのが、セサル・アスピリクエタである。

「彼らから多くのことを学んだ。チェルシーのため、ファンのために、どのように振舞い、プレーすべきなのかをね」

 事実上の戦力外に近い状態にある主将のガリー・ケイヒルに代わり、今シーズンは実質的なキャプテンとしてアームバンドも巻いている。
 
「ロッカールームの空気を変えられる存在だ」

 そう明かすのは、23歳のMFルベン・ロフタス=チークである。

 アスピリクエタのリーダーとしての資質は、周囲を鼓舞できる熱さだけではない。特筆に値するのは、その頭脳だ。アントニオ・コンテ政権時代、右ウイングバックのポジションで新境地を切り開いたヴィクター・モーゼスは、「彼が後方からポジショニングに関して的確な指示を送ってくれるから、プレーしやすい」と、小柄なリーダーの貢献を語っている。

 テリーのような闘争心に加え、インテリジェンスも兼ね備えたハイブリット型の新リーダー。そんな表現がぴったりだ。

文・編集●内藤秀明(サッカーライター)&プレミアパブ編集部
 
※『ワールドサッカーダイジェスト』2019年2月7日号より転載
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月9日号
    4月25日発売
    さらば平成──
    日本サッカー激動の30年史
    厳選20クラブヒストリーに
    巻頭では小野伸二が登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ