【プレミアの知られざるリーダーたち①】マンUで年長選手にも食って掛かるパーソナリティーの持ち主|リンデロフ

カテゴリ:ワールド

内藤秀明

2019年02月08日

赤い悪魔に誕生した待望のリーダー

スールシャール新監督も期待を寄せるリンデロフ。(C)Getty Images

画像を見る

 近年のマンチェスター・ユナイテッドが抱えてきた大きな問題の一つが、絶対的なリーダーの不在。強い時代のチームには、ロイ・キーンやリオ・ファーディナンドなど強烈なリーダーシップを発揮して組織を束ねる頼りになるキャプテンが存在した。

 そんな悩める「赤い悪魔」に、待望の新リーダーが誕生しつつある。それがスウェーデン代表CBのヴィクトル・リンデロフだ。

 2017年夏に同胞ズラタン・イブラヒモビッチのお墨付きで加入するも、待っていたのは茨の道だった。身長こそ187センチと低くないものの、身体能力はプレミア基準では平均レベル。空中戦を含めた対人プレーで劣勢を強いられるなど適応に苦しみ、1年目は17試合の出場に留まった。
 
 しかし2年目の今シーズン、徐々に才覚を示し始めている。対人戦にまだ課題はあるものの、ミスが激減し、自信を深めた24歳は的確なカバーリングとコーチングで最終ラインを統率。リーダーシップを発揮しているのだ。

 18年11月のマンチェスター・ダービーの敗戦後には、不甲斐ないパフォーマンスに終始した年長の複数の選手に向かって、食って掛かるパーソナリティーの強さを見せてモウリーニョ前監督を驚かせたという。

 自身に不足する要素を貪欲に吸収しようとするプロフェショナルな姿勢をチームメイトやオレ・グンナー・スールシャール監督も認めており、このまま順調に成長すれば、身体能力のビハインドを跳ね返し、往年の名手にも匹敵する絶対的なリーダーとして最終ラインを支える存在になるかもしれない。

文・編集●内藤秀明(サッカーライター)&プレミアパブ編集部

※『ワールドサッカーダイジェスト』2019年2月7日号より転載
【関連記事】
「偉大なる神」「至高の作品」 マラドーナの顔をタトゥーにしたメキシコ2部クラブGKが話題に!
「監督、先に帰らせてくれ!」 愛妻の出産を知って試合終了後にスタジアムを飛び出した英4部GKが話題に!
「あとは書類を提出するだけだったが…」 スペイン2部クラブが柴崎岳の獲得に“失敗した経緯”を明かす
「試合に出られるならどこでもいい!」乾貴士がアラベス入団会見で明かした熱き想いと決意
「嵐が起きている」 トルコで空前の“カガワ・ブーム”! グッズ売り上げが入団から1週間で12倍に!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ