「夢のようなスタート!」「ここに残るかは…」 デビュー戦2ゴールの離れ業を香川真司はどう振り返った!?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月04日

ド派手なデビューに本人も歓喜!

新天地で幸先の良いスタートを切った香川。試合後には、英語で地元メディアへのインタビューに対応した。 (C) Getty Images

画像を見る

 復活が期待された男が、新天地でのデビュー戦でやってくれた。

 現地時間2月3日、トルコのシュペル・リギの第20節が行なわれ、敵地でアンタルヤスポルと対戦したベジクタシュが6-2で快勝を収めた。

 先月31日、冬の移籍市場最終日に駆け込みでドルトムントからベジクタシュに加入した香川真司は、さっそくベンチ入りし、81分にアダム・リャイッチに代わってピッチへ送り出されると、即座に結果を残して見せる。

 まずは、投入からわずか10秒足らずのことだ。敵陣中央でボールを受けた香川は、ゴールへ向かってドリブル突破を仕掛け、相手DFをシザースフェイントでいなして右足でシュート。この強烈な一撃が、ゴール左下隅へと決まった。

 これで完全に勢い乗った香川は、興奮冷めやらぬ84分、今度はゴール前で得たFKを直接沈めて2点目をマークしたのだ。

 デビュー戦で3分間に2ゴールという離れ業に、本人も驚きを隠せないようだ。試合後、『beIN Sports』や『Fanatik』など複数メディアに対するフラッシュインタビューにおいて、香川は次のように答えている。

「夢のようなスタートが切れました。チームメイトもうまくやってくれて、僕らは完璧な試合ができたと思います。僕自身は4-1の状況で試合に出て、とても快適にプレーできました。ゴールは仲間のおかげでもありますし、正直、試合前は想像もできませんでしたね。

 ただ、控えの僕が2ゴールを記録できたことは素晴らしいことだと思っていますし、次もベジクタシュのために最善を尽くそうと思います。とにかく今は幸せで、ここにいられることは誇りです」

 ベジクタシュとの契約は今シーズン終了までとなっているため、その去就も注目されているが、それについて問われた香川は、「シーズンが終わった後、ここに留まるかどうかはわかりません。これから様子を見ることになると思います。でも、今は次の試合に向けて準備したいです」と話した。

 何はともあれ、ドルトムントで不遇をかこった今シーズン前半戦から一変し、新天地でいきなり目に見える結果を残した香川。そのやる気に満ちたプレーぶりからは、後半戦の活躍が大いに期待される。

 果たして次節以降も、香川の出色のパフォーマンスは続くか? 9日に行なわれる次節、本拠地でのブルサスポル戦のプレーにも要注目だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ