「気づいていたのに言えなかった…後悔はあります」 乾貴士が試合後に悔やんだのは…|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月02日

「また代表に戻ってこられるように」

ベンチを温める機会が多かった今大会の乾は、この悔しさをバネにさらなるレベルアップをめざす。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 森保一監督率いる日本は、アジアカップ決勝でカタールと対戦。史上初となる5度目の優勝が期待されたが、前半だけで2点を奪われる苦しい展開を強いられ、1‐3で敗れた。

「ああなってしまうと厳しい」

 ベンチスタートとなった乾貴士は前半、相手のカウンターの起点となっていたDFラインへのプレッシャーのかけ方に問題があると気づいていた。

「2トップで相手の3バックを見ちゃっていたんで、それだと絶対にハマらない。(原口)元気と(堂安)律がサイドのウイングにつくんじゃなく、センターバックを牽制するような動きでフォワードを助ける必要があった」

 最終ラインから中盤、あるいは前線に長い縦パスを通され、カウンターから前半だけであっさり2点を許した日本。どちらもボールの出どころをきっちり抑えていれば、防げたかもしれない失点だった。だからこそ、それが分かっていながら伝えられなかったことを、乾は悔やんでいた。

「見ていて分かっていたんですけど…。なかなか外から指示も出せなかったので…。まあ、でもやっぱり言うべきでした。2失点目が入る前に言っておけばよかったという後悔はありますし、ベンチメンバー含め、そういうところが甘かったかなと」
 
 表彰式の間も、森保監督とプレッシャーのかけ方について確認し、ピッチの選手に伝えられなかったことを詫びたという乾は、ベンチで過ごすことが多かった今大会を振り返り、「チームにまったく貢献できなかった」と悔しがった。

「まったく貢献できなかった。追加招集で呼んでもらったのに申し訳ない」

 原口から左サイドのポジションを奪えなかったことについては、「悔しい思いしかなかったですし、なんで自分じゃないんだって思うことも」と、正直な気持ちを打ち明けた乾。だが同時に、チーム屈指のテクニシャンは、さらなるレベルアップを遂げて代表チームに戻ってくることも誓った。

「スペインに帰って、新しいチーム(アラベス)に行きますけど、自分自身レベルアップして、またポジション争いができるように、ここに戻ってこられるように頑張りたいです」

 6月にブラジルで開催されるコパ・アメリカに参戦予定の日本。はたして乾は、そのメンバーに選ばれることができるのか。まずは新天地アラベスでの活躍に期待したい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ