【カタール戦の予想スタメン】ボランチの遠藤負傷で塩谷が先発か。残りは“主軸メンバー”でファイナルへ!

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年02月01日

イラン戦で負傷した酒井は問題なく出場できそう

アジアカップ決勝のカタール戦の予想布陣。怪我の遠藤に代わってボランチには塩谷が入りそうだ。

画像を見る

 準決勝で今大会の大本命とされたイランを下した日本は、2月1日(日本時間23時キックオフ予定)、カタールとの決勝戦を迎える。目指すのは8年ぶり通算5度目の優勝だ。
 
 約3週間のうちに6試合と、なかなかハードな日程をこなしてきただけに、選手たちには疲労の色が見える。ただ準決勝から中2日のカタールに対し、日本は中3日で大一番を戦えるだけに、吉田麻也も「そこ(疲労)を言い訳にするつもりはないです」とキッパリ語る。
 
 長友佑都も「お互い、疲労がたまっていますが、最後に踏ん張るかどうかは精神的な部分」と強調。最終的には気力の勝負になりそうだ。
 
 準決勝のイラン戦では右SBの酒井宏樹とボランチの遠藤航が負傷。もっとも右足首付近を痛めた酒井は検査でも「異常なし」と診断され、すでにチームの練習に合流しており、カタール戦も問題なく出場できそうだ。また、再びアクシデントが起こったとしても練習で好調ぶりを示している室屋成が控えているのは心強い。
 
 一方、左腿裏痛の遠藤はホテルでの調整が続き、残念ながら決勝戦を欠場しそうだ。その代役を務めるのは塩谷司だろう。グループリーグ第3戦のウズベキスタン戦では豪快なミドルで決勝点を奪い、その後は主にクローザーとして働いた守備のポリバレントは、中盤の強度を上げる役割をこなしてくれるはずだ。
 
 その他のポジションは、従来のメンバーが先発すると予想。縦関係になる2トップはイラン戦で2ゴールを奪った大迫勇也を頂点に、調子を上げつつある南野拓実が支える形だろう。
 
 中盤の2列目は原口元気と堂安律のコンビ。ボランチは前述のとおり、柴崎岳と塩谷の組み合わせになりそうで、塩谷は「岳はボールを持って輝ける選手なので、彼が自由にボールを持てるようにやっていきたい」と意気込みを語った。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ