決勝のカタール戦への秘策!?長友佑都が狙う「ハイエナ戦法」|アジア杯

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年01月31日

相手のエースは「速くてチーターみたい」

アジアカップ決勝のカタール戦へ向けて調整した日本代表。長友はそのポイントを語った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 UAEで開催されているアジアカップで、カタールとの決勝戦(2月1日)を控える日本代表は、1月30日にアブダビでトレーニングを行なった。
 
 8年ぶりの頂点へ、長友佑都が狙うのは「日本の強さを示せた」と語った準決勝のイラン戦でのパフォーマンスの再現で、その名も“ハイエナ戦法”だという。
 
「ハイエナのようにこぼれ球を皆で狙っていく。これはイランの選手も嫌がっていました。こいつらまだ走るのかと。一度、抜いたとしても(日本の選手は)また追いかけてくる。そういう戦い方をすれば間違いなく勝てますよ」
 
 さらに今大会、8ゴールを決めているカタールのエース、アルモエズ・アリへの警戒も強める。「彼は速くてチーターみたい。しなやかで、しなりながら走れる。そしてシュートも上手い」と最大限の注意が必要だと呼びかけた。
 
 長友は8年前のカタール大会での優勝も経験しており、当時は「疲労困憊のなかで、気力だけで戦っていました」と振り返り、「今も気力ですよ」とポツリと口にする。
 
 それでも「最後に踏ん張るかどうかは精神的な部分」と気持ちの勝負になることを強調。常に全力で相手に立ち向かう長友が、カタール戦でもチームを引っ張ってくれそうだ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ