イラン戦の森保Jを海外メディアが採点!最高点は大迫勇也に、次点で南野と権田が高評価に|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月29日

採点対象選手は「7」点以上の高評価

大迫が初戦トルクメニスタン戦ぶりに先発復帰し、現時点のベストメンバーでイラン戦に挑んだ森保ジャパン。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地時間1月28日、アジア首長国連邦(UAE)のハッザ・ビン・ザイード・スタジアムで行なわれたアジアカップの準決勝で、日本代表はイラン代表に3-0で完勝。初戦のトルクメニスタン戦以来の先発復帰となった大迫勇也が2ゴールを決め、原口元気も1ゴールを挙げて勝利に貢献した。

 米スポーツ専門チャンネル『Fox Sports』アジア版は、この試合に出場した全選手の寸評・採点を掲載。日本で最も高い評価を獲得したのは、10点中9点がついた大迫勇也。先制点を叩き込み、2点目となるPKもきっちり決めたことが高評価につながったようだ。次点には8.5点を獲得した権田修一、南野拓実が続いた。

 この試合について同メディアは、「前半はスコアレスで終わった後、後半に日本代表はイランの愚かな守備のタイミングを利用して、大迫勇也がゴールを決めて先制した。原口元気のゴールは瀕死のイラン代表の棺を打ち付けるものと化した」と評した。

以下、日本代表の出場選手の採点と寸評だ。

GK 権田修一(採点8.5/10)
「22分に権田のミスによってピンチを迎えたが、その後のアズムンの決定的なシュートを自ら回避することでスコアレスな状態を保った。後半のフリーキック、コーナーキックからのピンチも彼のセーブによって事なきを得ている」

DF 長友佑都(採点8/10)
「左サイドを上下に走り回り、いくつかの有効なクロスを放り込んだ。イラン側の対応には常に注意を払っていた」

DF 吉田麻也(採点8/10)
「前半のイランが選択していた、アズムンをターゲットにしたロングボールは、日本の最終ラインを脅かすものだった。しかし、吉田はかなりうまく対処していたといえるだろう」

DF 冨安健洋(採点8/10)
「ここまでのトーナメントでスターとして活躍していた冨安は、アズムンをマークするという厳しいタスクを与えられた。だがそれを非常にうまくこなし、イランのストライカーを苛立たせた」

DF 酒井宏樹(採点7/10)
「日本の右サイドバックはイランの選手との物理的な“デュエル”に巻き込まれ、46分にイエローカードを受けた。73分に森保監督の采配によってピッチを退いている」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ