イラン戦の殊勲・大迫勇也、南野拓実はミックスゾーンで想いを語らず。決勝後に何を語るのか?|アジア杯

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年01月29日

ふたりのコンビネーションで2ゴールを奪う

勝利を喜び合う南野と大迫。ふたりでチャンスを作り、大迫の2ゴールにつなげた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・準決勝]日本 3-0 イラン/1月28日/ハッザ・ビン・ザイード・スタジアム

 UAEで開催されているアジアカップの準決勝で日本は今大会の大本命と言われたイランを3-0で下し、決勝進出を決めた。

 この一戦、勝利の立役者になったのは大迫勇也と南野拓実の2トップだ。スコアレスで迎えた55分には、柴崎岳からの縦パスを受けた大迫が左の南野へ。南野は相手DFのチャージでボールコントロールを乱すが、イランDFがノーファウルを主張して足を止めたなか、南野は諦めずにボールを追ってクロスを供給。ゴール前でフリーになっていた大迫が頭で決めた。

 さらに63分にはエリア内で大迫からのパスを受けた南野が左から折り返そうとすると、ボールは相手DFの左手に当たりPKを獲得。これを大迫が冷静に成功させた。

 後半アディショナルタイムには原口元気が得意のドリブル突破からトドメの3点を決めて快勝。「日本の強さを示せた」と長友佑都が語ったように、手応えの得られる勝利となった。
 
 もっとも殊勲となったふたりは記者陣が待つミックスゾーンでは足を止めることなく、大迫は「お疲れ様です」、南野は「次も頑張ります」と短い言葉を残してスタジアムを後にした。

 大迫は出場した初戦のトルクメニスタン戦、準々決勝のベトナム戦、南野は決勝トーナメントに入ってからサウジアラビア戦、ベトナム戦で自らの想いを語らずに引き上げている。

 その胸中はいかなるものか。決勝後にはどんな言葉を残してくれるのか注目したい。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ