イランとの乱闘騒ぎでも際立った存在感。森保ジャパンを支えた吉田麻也、長友佑都のリーダーシップ|アジア杯

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年01月29日

精神的にもチームを引っ張る

無失点での勝利を喜ぶ日本の守備陣。イラン戦でも吉田と長友は貴重な働きをした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・準決勝]日本 3-0 イラン/1月28日/ハッザ・ビン・ザイード・スタジアム 

 1月28日、アジアカップの準決勝でイランと対戦した日本は3-0と快勝。決勝進出を決めた。
 
 試合後誰よりも大きなガッツポーズを見せたのは、ここまでチームを引っ張ってきた長友佑都であり、吉田麻也だった。長友は頭上に両腕を何度も突き出して喜びを示し、吉田はチームメイトと満面の笑みで抱き合う。
 
 振り返れば、世代交代を図りながらアジアカップを戦う森保ジャパンにとって、ふたりの存在は貴重だった。長友はトレーニング前には必ずと言って良いほど東京五輪世代の堂安律、冨安健洋とリフティングをしながらコミュニケーションを深め、若い選手がチームに上手く馴染めるように手助けをした。
 
 また森保監督が期待をかけた22歳のFW北川航也が持ち味を発揮できずにいると「若手が生き生きプレーできていないのは、ベテランの僕らの責任だとも思う」と話し、その後の練習では北川に寄り添い、アドバイスを送る姿もあった。
 
 一方の吉田は“闘将”とも言える姿でチームを鼓舞。事実上の決勝と言われたイラン戦の前日には「明日は決勝のつもりで戦わなくてはいけません。ヨーロッパの選手もJリーグの選手も自分のキャリアにリスクを負ってここに来ているわけで、Jリーグではトレーニングキャンプが始まっていますし、僕らもシーズンが続いているなかで出場しています。ここで負けてしまったら、予選で負けたことと変わりはないと思っています」とチームメイトの想いを代弁しながら、気合いを注入した。
 
【関連記事】
【イラン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【セルジオ越後】3-0完勝も権田のミスから入っていたら… イランに重圧をかけた原口、堂安は陰の立役者だ!
【イラン戦|戦評】攻守が噛み合った今大会のベストゲーム。光ったのは森保ジャパンの真骨頂だ
「新たな日本のDFリーダーの誕生」「能力は20歳を超えている」海外メディアが冨安健洋を絶賛|アジア杯
「本当に自分を恥じている…」日本戦の“蛮行”で大バッシングを受けたイランのエースがSNSで謝罪|アジア杯

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ