「本当に自分を恥じている…」日本戦の“蛮行”で大バッシングを受けたイランのエースがSNSで謝罪|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月29日

大迫の足を踏みつけただけでなく…

アズムン(20番)の振る舞いが発端となり乱闘となった両軍。長友は羽交い絞めを受けた。 (C) AFC

画像を見る

 現地時間1月28日、UAEのハッザ・ビン・ザイードスタジアムで、アジアカップの準決勝が行なわれ、日本代表がイラン代表を3-0で破り、8年ぶりのアジア制覇に王手をかけた。

 試合後、その結果以上に大きな騒動に発展しているのが、イランのエースであるサルダル・アズムンの“蛮行”だ。

 この試合で日本の若きCB冨安健洋から執拗なマークにあったアズムンは、満足のいくプレーが出来ずにフラストレーションを溜め込むと、76分には室屋成とピッチサイドで競り合った際、相手の耳を手でひっかくようなしぐさを見せるなど、徐々にそれが態度にも表れるようになる。

 そして、試合終了間際にストレスが爆発してしまう。

 後半アディショナルタイムの90+1分に原口元気の決定的な3点目が生まれた後のリスタートの時だった。試合が再開される際、センターサークルの外に立っていたアズムンは、傍にいた大迫勇也の足を踏み倒したのだ。
 

 この蛮行と言うべきアズムンの振る舞いに、当然、日本の選手たちは怒り心頭。主審や吉田麻也が制止に動いたが、収まる気配もなく一気に両軍の選手が掴み合う乱闘騒ぎに発展すると、騒動の発端となったアズムンも柴崎岳の顔を押しのけるなどの行動を続けたのである。

 試合終了直後、アズムンへは非難の声が殺到。AFCの公式ツイッターアカウントには、「スポーツマンシップはどこへ行った?」や「愚かなファウル」といったファンのコメントが相次いだ。

 そんななか、試合から2時間後に冷静さを取り戻したアズムンは自身のインスタグラムを更新。「いつも支えてくれる仲間たちにありがとう。そして代表チームをいつもサポートしてくれているファンに愛していると伝えたい」と綴ったうえで、最後に謝罪の言葉で結んでいる。

「僕は本当に自分を恥じている。本当に申し訳ないことをしてしまった」

 ロシアの強豪ルビン・カザンで活躍して今大会の目玉選手でもあったアズムン。その振る舞いは許されないものであったが、24歳と若いだけにこの苦い経験を経て大きく成長してもらいたいところだ。

【日本代表PHOTO】日本3-0イラン|強敵イランを相手に大迫、原口の得点で3発快勝。2大会ぶりの優勝へ決勝進出を果たす

【サポ―ターPHOTO】熱く会場を盛り上げた美女、キッズ、日本サポ―ター特集!佐々木翔のそっくりさんも!?
 
【関連記事】
【イラン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「スポーツマンシップはどこへ?」「道徳と試合の両方を失った」イラン代表FWの振る舞いに海外からも批判|アジア杯
「あれはレッドだろ?」「なぜ長友に…」イラン戦終了直前にあわや乱闘…アズムンの”蛮行”にファンも唖然|アジア杯
「サムライを前に為す術なし」「身勝手な判断で…」日本に完敗。イラン・メディアは問題のセルフジャッジを厳しく指摘|アジア杯
【イラン戦|戦評】攻守が噛み合った今大会のベストゲーム。光ったのは森保ジャパンの真骨頂だ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ