• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本はこのスタイルでいいの?」海外メディアがベトナム戦辛勝の森保ジャパンに疑問符|アジア杯

「日本はこのスタイルでいいの?」海外メディアがベトナム戦辛勝の森保ジャパンに疑問符|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月25日

「主審は『ないない』と手で合図したが…」

前半はベトナムの粘り強い守備に手を焼いた日本だが、後半に立て直して1-0勝利。5戦連続の1点差勝ちでベスト4に駒を進めた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 まさに、VAR狂騒曲だった。

 1月24日、UAE・ドバイで行なわれたアジアカップ準々決勝で、日本代表は難敵ベトナムと対戦。大会史上初めてVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が採用され、24分に吉田麻也の先制ゴールがそのテクノロジーによって取り消されると、57分には一度見逃された堂安律へのファウルがPKとジャッジされ、20歳のアタッカーがこれを冷静に蹴り込んだ。日本は虎の子の1点を守り切って勝利を収め、なんとかセミファイナルへの切符を掴んでいる。

 ベトナムが大善戦した一戦を多角的に検証したのが、米スポーツ専門チャンネル『Fox Sports』アジア版だ。東南アジア地域の番記者であるアドワルド・ラジャン氏が「日本に敗れて、ベトナムのおとぎ話は終わった」と銘打ち、“ゴールデン・ドラゴンズ”の健闘を大いに称えている。

「戦前の下馬評は、圧倒的に日本優位というものだっただろう。だが試合が始まってすぐ、パク・ハンソ(監督)の戦士たちはそう簡単に事は運ばないと、アジアの巨人に知らしめたのだ。日本にボールを支配されても粘り強く対応してシュートは撃たせず、カウンターや相手のミスから何度かチャンスを手にした。とりわけグエン・コン・フォン(10番)は素晴らしいプレーを見せた」

 
 ベトナムがVARに救われ、VARに泣いたふたつの場面については、こう論じている。

「マヤ・ヨシダのゴールが決まった瞬間、ベトナム・ベンチは『ハンドだ!』と烈火のごとく怒り狂っていた。もしVARがなかったらあれで意気消沈していただろうが、ベトナムは息を吹き返すことができたのだ。だが、後半にはしっぺ返しを食らった。今度はリツ・ドウアンへのファウルがVARで検証されて、PKを献上してしまったのだ。主審は日本の選手たちのアピールにも『ないない』と手で合図していたが、なんとその3分後に判定が覆ったのである。スーパープレーを続けていたダン・バン・ラム(GK)はドウアンのキックのコースを読んでいたが、惜しくも触ることはできなかった」
【関連記事】
【ベトナム戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
「韓国に優勝してほしい」「PKの判定は妥当」ベトナム代表の智将は最後まで“正直者”だった|アジア杯
「リードしてからの出来が圧巻!」AFC公式がベトナムを撃破した日本代表の“巧者ぶり”を称える|アジア杯
「日本はVARに救われた!」ベトナム戦辛勝の森保ジャパンを海外メディアはどう論じた?【アジア杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ