「父さん、とても怖いよ…」「墜落しそう」いまだ消息不明のサラ、事故直前に家族へ発していたメッセージが明らかに

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月23日

生存が絶望視されるなかで明らかになった“声”

カーディフへ移籍が決まった矢先に事故にあったサラ。そんなアルゼンチン人FWが最後の言葉が明らかになった。 (C) Getty Images

画像を見る

 ナントからカーディフへの移籍が決まり、フランスからイギリスへと向かっていたアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラを乗せた飛行機が、1月21日に消息を絶った。22日に行なわれた捜索活動でもサラは見つかっておらず、生存は絶望視されている。

 英公共放送「BBC」によると、カーディフのケン・チューCEOは公式声明で、「良い知らせ」を祈りつつ、「我々は非常にショックを受けている」と、悲痛な心境を語った。

「昨晩(21日)カーディフに着いて、今日(22日)が初日になるはずだった。オーナーやチェアマンも非常に動じている」

 前所属のナントのヴァルデマール=キタ会長も、「友人やご家族のことを考えている。私はまだ希望を持っている。彼はファイターだ。終わっていない。どこかにいるはずだ」と、サラの生存を願った。

 昨シーズンにナントでサラを指導したクラウディオ・ラニエリ(現フルアム監督)は、「良い知らせを願って、サッカー界は団結する」と述べている。

「常にベストを尽くすファンタスティックなサッカー選手だ。私もみんなと同じように打ちひしがれている。エミリアーノは素晴らしい性格の持ち主だ。私は人として彼を知るが、彼はファイターだ」

 そして、22日には当人が搭乗中に事故を覚悟するようなメッセージを送っていたことも明らかになった。英紙『Daily Mail』やスペイン紙『Marca』によると、サラは飛行機の中からメッセージアプリ「WhatsApp」で、友人に音声を送っていたようだ。

 メッセージでサラはフライトへの恐怖を伺わせている。

「墜落しそうな飛行機に乗っている」
「1時間半以内に僕の知らせがなかったら、誰かに僕を探しに行かせてくれるだろうか」
「父さん、とても怖いよ」
「ハロー、兄弟たち。元気にしているかい?  僕は死んだ。僕はナントで色々な事をこなしていた。止まることは無かった」

 22日夜に中断された捜索活動は、23日の日の出とともに再開される予定となっている。だが、救助に当たっているギリス海峡航空レスキュー隊のチーフが、「個人的な観点で話せば、確率はゼロだろう」と話すなど、生存の可能性は低いとの見方は少なくない。

 ただ、それでもサッカー・ファミリーは彼の無事を信じている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ