ハムシクの「ツンツン・モヒカン」の秘密。小学生から好み、恋人に整髪料を薦められる

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年01月17日

ナポリで完全な刈り上げになる。

モヒカンヘアが代名詞となっているハムシク。(C)Getty Images

画像を見る

 今やナポリのバンディエーラ(旗頭)と言えるスロバキア代表MFのマレク・ハムシクの代名詞と言えば、中央部がツンツンのモヒカンヘアだ。

 現在31歳のハムシクは、なんと地元の小さなクラブでプレーしていた10歳の時から、パンク・ファッション由来のツンツンなヘアスタイルを一貫して好み、まだ小学生だった当時から毎週床屋に通って髪をセットしていたという。

 14歳で首都の名門クラブ、スロバン・ブラティスラバの育成部門に移籍した後は、初めて付き合ったガールフレンド(名前はマルティナ)から、ツンツンヘアをキープするにはあるブランドのジェルとローションを併用するのが良いと薦められる。

 それ以来、イタリアのブレッシャを経てナポリに移籍した2007年まで、常にそのジェルとローションを使って髪を立てていた。

 当時はまだ、サイドも多少長さを残したパンクスタイルの髪型だったが、ナポリで通いはじめたヘアサロンでサイドを完全に刈り上げたモヒカンスタイルを薦められ、整髪料もチームメイトのエマヌエレ・カライオ(現パルマ)に教えてもらったハードワックスに変えた。あれから現在まで、一貫してそのヘアサロンに通い、同じワックスを使い続けている。

 時にはサイドを剃り上げた完全なモヒカンスタイルになるが、これはスロバキア代表が2010年ワールドカップ出場を決めた時にチームメイトとの約束通り丸坊主になった後、中央だけを伸ばすバリエーションとして加わったものだ。

 当時のイタリアでは、やはりモヒカンスタイルで注目されたステファン・エル・シャーラウィ(当時ミラン/現ローマ)と「どちらが先か」でヘアデザイナー同士の論戦になったこともある。

 ちなみにハムシクは、ジェルを教えてくれた彼女だったマルティナとはスロバン時代に別れたが、その後に出会った妹のハンドボールチームのチームメイトとイタリアに移籍した後も交際を続けて3人の子供をもうけ、2014年には結婚式を挙げた。2歳年下のその奥さんの名前は、奇しくもマルティナだ。

※『ワールドサッカーダイジェスト』1月17日発売号から加筆・転載。同号の特集「WSD的フットボールリークス」では、チームや選手の“とっておきの話”を多数掲載している。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ