ロッベンが「移籍金ゼロ補強」を推進中のインテルへ? Jリーグ行きの噂もあるが…

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年01月07日

この1~2月は「フリートランスファー市場」の重要な局面。

今夏のバイエルン退団が決定しているロッベン。新天地はどこへ?(C)Getty Images

画像を見る

 昨年12月にインテルのスポーツ部門CEOとなったジュゼッペ・マロッタは、ユベントスに黄金時代をもたらした敏腕ディレクターだ。
 
 ゴンサロ・イグアインやミラレム・ピャニッチなどへの巨額投資よりも際立っていたのが、いわゆる「移籍金ゼロ補強」。所属先と契約満了を迎えフリーで獲得できる実力者に接近して合意を引き出す手腕はまさに天下一品で、アンドレア・ピルロ、ポール・ポグバ、フェルナンド・ジョレンテ、サミ・ケディラ、ダニエウ・アウベス、エムレ・ジャンなどとの契約に漕ぎ着けていた。
 
 新天地インテルでもその手腕は健在なようだ。現地時間1月4日の『スカイ・スポーツ』によると、今年6月にアトレティコ・マドリーと契約満了を迎えるウルグアイ代表CBのディエゴ・ゴディンと基本合意。ミラン、ユベントス、マンチェスター・Uなどとの争奪戦を制し、来シーズンから2年契約を結ぶという。
 
 契約満了まで半年を切った選手は、現所属クラブに断りなく新たなクラブと事前契約を結べる。それゆえこの1~2月は「フリートランスファー市場」の重要な局面であり、マロッタCEO率いるインテルはさらなるフリー選手に接近する腹積もりのようだ。
 
 現地時間1月6日の『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙によれば、現在の候補は4人。マンチェスター・UのDFマッティア・ダルミアンとDFアントニオ・バレンシア、ポルトのMFエクトル・エレーラ、そしてバイエルンのFWアリエン・ロッベンだという。
 
 とりわけ注目はやはりロッベンだろう。今シーズン限りでのバイエルン退団を表明済みのウイングには、古巣のフローニンヘンやPSVが興味を示し、さらにJリーグ行きの噂も流れているが、インテルの補強リストにも名を連ねているようだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ