「日本は上質な競争の場だ」名物記者がロッベンの新天地有力候補に“Jリーグ”をチョイス!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月05日

マンC、トロント、そしてフローニンヘンとともに

世界中が注目するロッベンの次なる舞台。引退するにはまだ早い!(C)Getty Images

画像を見る

 名手アリエン・ロッベンは日本へやって来るのか。俄然、注目が高まっている。

 元オランダ代表のカリスマは先週土曜日、今シーズンいっぱい(2019年6月末)で満了となるバイエルン・ミュンヘンとの現行契約を更新しないと発表。およそ10年間に渡ってともにトップシーンを駆け抜けた超名門に、別れを告げる決断を下した。2018-19シーズンはここまで怪我などで欠場するケースはあるものの、公式戦14試合に出場して5得点・2アシストと相変わらずの貢献ぶりを示している。

 ロッベン自身は現役続行か、あるいは引退するかを明言していない。「現時点ではさまざまなオプションがある、としか言えない。もし現役を続けるならばそれは僕自身が100パーセントやれると確信した時だけだ」とコメントし、「もちろん家族の意見を尊重する。僕だけでなく妻や子どもたちも楽しめるものにならなければならない」と付け加えた。

 
 はたして34歳となった稀代のドリブラーはどんな決断を下すのか。メディアを中心にさまざまな情報や憶測が錯綜しているが、これまで何度もロッベンを取材している名物記者が踏み込んだコラムを掲載した。オランダ全国紙『Volkskrant』のヴィレム・ヴィセルズ記者だ。

 敏腕はこう綴っている。

「ロッベンにとってフットボールは情熱だ。そして彼は完璧主義者であり、練習の鬼だ。輝かしいキャリアのなかにあっても常にそのスタンスを崩さず、哲学を貫いてきた。だからこそ今回、彼は悩んだ末にバイエルン退団を決めたのである。通常よりうんと早い秋に公表するのだから、実にロッベンらしいと言えるだろう」

 ラジオ局のインタビューで選手本人が明らかにしたように、ヴィセルズ記者も中国や中東のクラブでの現役続行は現実的ではないと断じる。

「中国やカタールのような国でプレーすることを彼は良しとしないだろう。そこには確かなクオリティーがなく、野心もない。ましてや家族の生活を重視するロッベンにしてみれば、大きな魅力とはなり得ないはずだ。もともとカネで動く選手ではない。いつだってフットボールを心底楽しみたいと、そう欲している選手なのだから」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月11日号
    6月27日発売
    名門レアル・マドリーへ
    久保建英を徹底特集!
    「日本代表選手番付」に
    神戸&甲府ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ