「リスクを冒すことはできない」 バルサ監督、カンテラ軽視を訴える記者陣にイラ立ちながら反論

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月22日

「我々は競っていかなくてはならない」

カンテラを重視したい気持ちはバルベルデ監督にもある。だが結果を求められるだけに…。(C)Getty Images

画像を見る

 守備陣に負傷者を抱えるバルセロナは、バレンシアからジェイソン・ムリージョを獲得した。買い取りオプションがついているが、今シーズン終了までのレンタル移籍だ。

 短期間のレンタル補強には、疑問の声も上がっている。カンテラの伝統を誇るバルサだけに、チュミやホルヘ・クエンカ、オスカル・ミンゲサといったBチームの選手を起用すべきという主張だ。

『ESPN』によると、ムリージョの獲得について、バルサのエルネスト・バルベルデ監督は、「CBの状況がデリケートだという事実から逃げることはできない」と説明した。

「夏以降、我々は基本的にふたり(のCB)だけだった。あまりコストがかからず、すぐにプレーでき、リーグのことを知っている選手をレンタルで獲得するというのが、クラブの考えだった。ムリージョはそのすべてを満たす」
 
 今シーズンのムリージョはバレンシアで出場機会に恵まれていなかった。だが、バルベルデ監督は「分かっていたが、もし彼が試合に出ていたら、我々は獲得できなかった」と、だからこそ安価で手に入れられたと強調している。

「1億ユーロ(約130億円)でスーパースターを獲得できたのなら、違う状況になっていただろうけどね。ただ、ムリージョは優れた選手だ。我々は最善の結果を願っている」

 ムリージョ獲得がカンテラの若手の妨げになるのではないかとの質問が相次ぐと、バルベルデ監督はイラ立った様子で「Bチームの選手にもチャンスを得る余地があるべきだ。だが、過度になってはいけない」と答えた。

「人々を喜ばせるためだけにBチームの選手で戦うことはできない。我々はファンを喜ばせながら、同時に競っていかなければいけないんだ」

「トップチームには4人のCBが必要だ。BチームのCBたちもいるが、CBが2部Bリーグ(実質3部リーグ)でプレーしている選手たちになるリスクを冒すことはできない」

 1月に加わるムリージョが活躍すれば、バルセロナとバルベルデ監督の選択には賛辞が寄せられるだろう。26歳のコロンビア代表は、期待に応えることができるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ