さすが「スペシャル・ワン」! マンUを電撃解任されたモウリーニョ、わずか2日で3クラブが接近!?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月21日

最も可能性が高いとされる新天地候補は?

成績不振を理由にユナイテッドを追われたモウリーニョだが、すでに複数クラブからの興味・関心が伝えられている。  (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 解任からわずか2日。「スペシャル・ワン」ことジョゼ・モウリーニョの下には、すでに複数クラブからオファーが舞い込んでいるようだ。

 今週火曜日、モウリーニョは2016年5月から率いてきたマンチェスター・ユナイテッドの監督の任を電撃的に解かれ、大きな話題を提供した。

 アレックス・ファーガソンが2013年に退任して以来、プレミアリーグの優勝から遠ざかっている名門を救い出せなかったモウリーニョは、実に3クラブ連続で3年目に政権終焉を迎えた。

 しかしながら、過去に数々の栄冠をもたらしてきたその指導力を欲するクラブが、すでに動き始めているという。

 英紙『Times』が伝えたところによれば、フリーとなったポルトガル人指揮官に対して興味を持っているとされたのは、レアル・マドリー、インテル、そしてベンフィカ。いずれも、モウリーニョ自身が過去に率いた経験を持つ3クラブだ。

 同紙は、3クラブともに今シーズンは低調な戦いが続いており、「スペシャル・ワン」の就任という起爆剤を投入する可能性があり得ると伝えている。

 なかでも、就任の可能性が最も高いと見られているのがマドリーだ。今年10月、今夏に監督に就任したばかりのジュレン・ロペテギを成績不振のために解任した「白い巨人」は、後任にアルゼンチン人のサンチャゴ・ソラーリを据えたが、状況が好転したとは言い難い。

 さらにモウリーニョの招聘については、クラブOBであり、2006年から09年までスポーツディレクター(SD)を務めていたプレドラグ・ミヤトビッチが、スペインのラジオ局「Cadena Ser」で次のように語っている。

「彼の監督就任の可能性は、十分にあると思う。なぜそう言えるか? それは、フロレンティーノ(・ペレス会長)が、モウリーニョを好んでいることを知っているからだ。監督の交代があるたびに、フロレンティーノはモウリーニョに連絡を取っていたと思う。注意深く見ていたほうがいいね。それは起こりうることだ」

 とはいえ、今シーズン中にモウリーニョが新たにチームを率いるかは微妙なところだ。『Times』が55歳のポルトガル人の今後について、「当面の間、ロンドン市内の自宅で家族とともに休息を取るのではないか?」と伝える通り、早急に新天地が決まることはないと見る向きが強まっている。

 ユナイテッドでは、“失敗”のレッテルを貼られた感が否めないモウリーニョ。これまで、勝つことで自身の力を証明してきた名将は、悪イメージを払拭するための新たな挑戦について、いかなる決断を下すのか? 注目したい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ