【Jアウォーズ】MVP、ベスト11など各賞をチェック!最優秀ゴールは川崎の魅力が詰まった鮮やかな一発

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月18日

ベスト11に川崎から最多7名。最優秀ゴールも

連覇を飾った川崎で圧倒的な存在感を示した家長がMVPを受賞した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 12月18日にJリーグアウォーズが行なわれた。ベストイレブンには、連覇を達成した川崎フロンターレから歴代最多タイの7名が選出。MVPは川崎の家長昭博が受賞した。各賞の受賞者は以下のとおり。
 
【最優秀選手賞/MVP】
家長昭博(川崎/MF) 初受賞
 
【ベストイレブン】
GK
チョン・ソンリョン(川崎) 初受賞
 
DF
西 大伍(鹿島) 2回目(2017、2018)
エウシーニョ(川崎) 2回目(2017、2018)
車屋紳太郎(川崎) 2回目(2017、2018)
谷口彰悟(川崎) 初受賞
 
MF
チャナティップ(札幌) 初受賞
家長昭博(川崎) 初受賞
大島僚太(川崎) 初受賞
中村憲剛(川崎) 8回目(2006~10、2016~2018)
 
FW
ジョー(名古屋) 初受賞
ファン・ウィジョ(G大阪) 初受賞
 
【得点王】
ジョー(名古屋/FW) 初受賞/24得点
 
【最優秀ゴール賞】
大島僚太(川崎/MF) 初受賞
J1リーグ30節
川崎 vs 神戸 69分のゴール
 
【ベストヤングプレーヤー賞】
安部裕葵(鹿島/MF)
 
【フェアプレー賞高円宮杯】
セレッソ大阪 初受賞/フェアプレー賞(J1)での受賞は2回目(2017、2018)
 
【フェアプレー賞】
●J1
広島 8回目(2010、2012~2018)、うちフェアプレー賞高円宮杯7回(2010、2012~2017/フェアプレー特別賞2回(1993、1994)/歴代最多受賞
浦和 3回目(2014、2016、2018)
長崎 初受賞
鹿島 2回目(2016、2018)
FC東京 2回目(2017、2018)
仙台 4回目(2013、2014、2017、2018)
柏 初受賞
川崎 5回目(2012、2015~2018)
G大阪 6回目(2007、2008、2011、2015、2017、2018)、うちフェアプレー賞高円宮杯2回(2007、2011)/J2での受賞は1回(2013)
 
●J2
大分 2回目(2017、2018)/J3での受賞は1回(2016)
新潟 初受賞/J1での受賞は1回
大宮 初受賞
東京V 2回目(2017、2018)
熊本 初受賞
讃岐 初受賞
岐阜 初受賞
松本 4回目(2013、2014、2017、2018)/J1での受賞は1回(2015)
甲府 初受賞/J1での受賞は1回(2015)
 
●J3
秋田 3回目(2015、2017、2018)
琉球 初受賞
沼津 2回目(2017、2018)
北九州 初受賞/J2での受賞は3回(2014~2016)
群馬 初受賞/J2での受賞は2回(2014、2016)
FC東京U-23 初受賞
Y.S.横浜 3回目(2016~2018)
鳥取 初受賞
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ