2018年のJリーグMVPは家長昭博! 川崎をリーグ連覇に導いた“天才”が初の受賞

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年12月18日

中村憲剛が絶賛するパフォーマンス

MVPを受賞した家長。今季は川崎のリーグ連覇に貢献した。写真:金子拓哉(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2018年のリーグ戦を締めくくる「Jリーグアウォーズ」が12月18日に行なわれ、川崎の家長昭博がMVPを初受賞した。
 
 家長は今季32試合・6ゴール・7アシストの成績を残し、川崎のリーグ連覇に貢献。
 
「去年は夏場過ぎから躍動しましたが、今季は初めから大車輪の活躍。自分でも行けるし、周りも活かせる。常に質が高かった」とチームメイトの中村憲剛が称讃するほど、1年を通じて好パフォーマンスを披露した。
 
 なお一昨年は中村憲剛、昨年は小林悠がMVPに輝いており、川崎の選手が受賞するのは3年連続。同一クラブから3年連続でMVPが選出されるのは史上初となる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ