FC東京の5選手にアンケート! 2018年シーズンのベストプレーヤーは?

カテゴリ:Jリーグ

馬場康平

2018年12月21日

「誰ひとり欠いちゃいけない」森重は川崎のチーム力を評価

FC東京からは橋本(写真左)、永井(写真左中)、森重(写真中央)、東(写真右中)、林(写真右)にアンケートに回答してもらった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2018年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票で年間MVPを決定する毎年恒例の「ベストプレーヤー企画」。9節から21節まで2位をキープしたものの、そこから失速し6位でシーズンを終えたFC東京からは、永井謙佑、東 慶悟、橋本拳人、森重真人、林彰洋の5人に自クラブ以外で印象に残ったプレーヤーを3位まで挙げてもらった。果たしてどの選手をどのように評価したのか、投票結果は以下の通りだ。
 
●永井謙佑(FW
1位 中村憲剛(川崎/MF)
2位 家長昭博(川崎/MF)
3位 谷口彰悟(川崎/MF)
【選出理由】
 憲剛さんはチームを引っ張る存在だった。どれだけメンバーを入れ替えても、憲剛さんがいればどうにかなってしまう。家長選手は安定感が抜群で、1試合で必ず一仕事する印象が強い。谷口選手はリーグ最少失点の立役者。
 
●東 慶悟(MF
1位 家長昭博(川崎/MF)
2位 鈴木優磨(鹿島/FW)
3位 チャナティップ(札幌/MF)
【選出理由】
 川崎のサッカーは、家長選手のセンスとキープ力が良いアクセントになっている。今季の鹿島で攻撃の柱だったのが鈴木選手。金崎選手が移籍したあと、チームを牽引した。チャナティップ選手は提携国枠選手の成功例になった。
 

●橋本拳人(MF
1位 家長昭博(川崎/MF)
2位 ファン・ウィジョ(G大阪/FW)
3位 チャナティップ(札幌/MF)
【選出理由】
 家長選手はなんでもできてしまうイメージで、ボールを持つだけでビッグチャンスになる雰囲気があった。ファン・ウィジョ選手は身体能力と得点力が抜群。チャナティップ選手には細かいステップで切り裂かれた印象が残っている。
 
●森重真人(DF
1位 小林 悠(川崎/FW)
2位 中村憲剛(川崎/MF)
3位 大島僚太(川崎/MF)
【選出理由】
 今の川崎で最良の関係を築いている3人。出し手、受け手の役割をそれぞれが把握していて、動きに無駄がない。誰が凄かったというより、誰ひとり欠いちゃいけなかった。彼らがいたからこそのリーグ連覇だったと思う。
 
●林 彰洋(GK
1位 中村憲剛(川崎/MF)
2位 パトリック(広島/FW)
3位 ファン・ウィジョ(G大阪/FW)
【選出理由】
 中村選手はなんだかんだ持っていく。そういう雰囲気を作り出すのが上手。広島を2位に導いたパトリック選手のインパクトは大きい。ファン・ウィジョ選手はG大阪が低迷した前半戦から点を取っていた。相手として嫌な選手。
 
取材●馬場康平(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ