浦和の5選手にアンケート! 2018年シーズンのベストプレーヤーは?

カテゴリ:Jリーグ

轡田哲朗

2018年12月21日

4名が揃って元セレソンFWを1位にピックアップ

浦和からは橋岡(写真左)、武藤(写真左中)、宇賀神(写真中央)、西川(写真右中)、青木(写真右)が投票に協力してくれた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2018年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票で年間MVPを決定する毎年恒例の「ベストプレーヤー企画」。シーズン序盤は不調が続くも、監督交代で好転し最終的には5位に順位を上げ、天皇杯優勝も成し遂げた浦和からは、武藤雄樹、青木拓矢、宇賀神友弥、橋岡大樹、西川周作が各々のベストプレーヤー候補トップ3を挙げてくれた。気になる投票結果を選出理由とともに見ていこう。
 
●武藤雄樹(FW
1位 家長昭博(川崎/MF)
2位 ファン・ウィジョ(G大阪/FW)
3位 山中亮輔(横浜/DF)
【選出理由】
 家長選手は抜群の存在感。攻撃を引っ張り、川崎のリーグ連覇に貢献した。ファン・ウィジョ選手は高い決定力を誇り、ガンバを怒涛の連勝に導いた。山中選手は見ていて面白いプレーヤー。攻撃への関わり方は興味深かった。
 
●青木拓矢(MF
1位 ジョー(名古屋/FW)
2位 家長昭博(川崎/MF)
3位 遠藤保仁(G大阪/MF)
【選出理由】
 ジョー選手はシュートだけでなく間合いの取り方、クロスへの入り方も上手い。家長選手は身体の強さに加え技術も高く、ああいう存在がいるとチームは楽になるはず。遠藤選手はゲームをコントロールする力が素晴らしい。
 

●宇賀神友弥(DF
1位 ジョー(名古屋/FW)
2位 伊東純也(柏/FW)
3位 小林 悠(川崎/FW)
【選出理由】
 得点王のジョー選手は速さはないが、ボールを奪えない上手さがあった。伊東選手は突破力があり、良い形で持たれると止められなかった。あの能力は海外でも通用するはず。小林選手はキャプテンとして川崎を連覇に導いた。
 
●橋岡大樹(DF
1位 ジョー(名古屋/FW)
2位 安部裕葵(鹿島/FW)
3位 ガブリエル・シャビエル(名古屋/MF)
【選出理由】
 ジョー選手はなにより得点を量産しました。安部選手はACLの決勝にも出場し、優勝に貢献。素晴らしいプレーヤーです。シャビエル選手は対戦した時の印象が強く、ゲームを作りながらチャンスに絡んでいました。
 
●西川周作(GK
1位 ジョー(名古屋/FW)
2位 家長昭博(川崎/MF)
3位 クォン・スンテ(鹿島/GK)
【選出理由】
 ジョー選手は特に2回目の対戦でワールドクラスだと感じた。ボールの収まり、正確性、プレーの幅は凄かった。家長選手の落ち着きぶりは健在で、川崎の優勝の原動力に。クォン・スンテ選手は人柄も良く尊敬できる先輩。
 
取材●轡田哲朗(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ