札幌の5選手にアンケート! 2018年シーズンのベストプレーヤーは?

カテゴリ:Jリーグ

斉藤宏則

2018年12月21日

“タイのメッシ”は鹿島のアタッカーを1位にチョイス!

札幌からは宮澤(写真左)、ジェイ(写真左中)、チャナティップ(写真中央)、ク・ソンユン(写真右中)、進藤(写真右)の5名が回答してくれた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2018年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票で年間MVPを決定する毎年恒例の「ベストプレーヤー企画」。初のACL出場は叶わなかったが、今シーズンは安定して上位につけ、4位でフィニッシュした札幌からは、ジェイ、宮澤裕樹、チャナティップ、進藤亮佑、ク・ソンユンの5名に、他クラブで印象に残った選手トップ3を挙げてもらった。各選手の投票結果をコメントとともに見ていこう。
 
●ジェイ(FW
1位 中村憲剛(川崎/MF)
2位 昌子 源(鹿島/DF)
3位 伊東純也(柏/FW)
【選出理由】
 中村選手は高い質を維持し、リーダーとして大きな活躍を見せていた。昌子選手は強さとスピードを兼ね備えて、安定感のある守備を披露。駆け引きも上手い。伊東選手はスピードを武器に、苦しいチームを支えていたと思う。
 
●宮澤裕樹(MF
1位 小林 悠(川崎/FW)
2位 鈴木優磨(鹿島/FW)
3位 西 大伍(鹿島/DF)
【選出理由】
 勝利につながる貴重なゴールをたくさん決めて、優勝の立役者となった小林選手を1位に。同じく、得点への高い意欲でチームを勢いづけて、アジア制覇に貢献した鈴木選手も見事。西選手は肝心なところで大仕事をしていた。
 

●チャナティップ(MF
1位 鈴木優磨(鹿島/FW)
2位 家長昭博(川崎/MF)
3位 中村憲剛(川崎/MF)
【選出理由】
 オールラウンドかつハイレベルな選手を選出した。鈴木選手はパワーとスピードが飛び抜けていたし、家長選手はプレーの精度とクオリティが高かった。中村選手は並外れたパスの配球能力でチームを力強く支えていた印象。
 
●進藤亮佑(MF
1位 パトリック(広島/FW)
2位 ガブリエル・シャビエル(名古屋/MF)
3位 北川航也(清水/FW)
【選出理由】
 パトリック選手のスピードは、DFにとってとても脅威だった。シャビエル選手は複数人に囲まれても、高いテクニックでキープして、突破もできる素晴らしいプレーヤー。北川選手はシュートを打つ前の動き出しが非凡。
 
●ク・ソンユン(GK
1位 山中亮輔(横浜/DF)
2位 武藤雄樹(浦和/FW)
3位 ドウグラス(清水/FW)
【選出理由】
 SBながら、ハイグレートなプレーで攻撃を牽引していた山中選手はフィニッシュでも存在感を発揮。武藤選手はシュート精度が非常に高く、自分もゴールを決められたので印象深い。ドウグラス選手の決定力も際立っていた。
 
取材●斉藤宏則(スポーツライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ