監督交代+主力流出の危機…窮地に立たされたC大阪の再建策は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月16日

ユン・ジョンファン監督が退任し、体制を支えてきた選手たちの移籍話が一気に表面化

山村(左)は川崎、山口(中央)は神戸、杉本(右)は浦和からオファーが届いているという。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 昨季に2冠を獲得したセレッソ大阪が、窮地に立たされている。

 11月19日、2年間に渡って指揮を執ってきたユン・ジョンファン監督の今季限りでの契約満了を発表。ひとつの時代に終わりを告げると、ユン・ジョンファン体制を支えてきた選手たちの移籍話が一気に表面化した。日本代表FW杉本健勇に浦和レッズから正式オファーが届き、元日本代表MF山村和也には川崎フロンターレからの誘いが舞い込んだ。さらには、主将を務めた元日本代表MF山口蛍には、同じ関西を本拠地とするヴィッセル神戸が正式オファーを出している。来季以降も欠かせない3人が一気に流出する可能性が出てきたのだ。
 
 杉本に山村、山口。いずれも主力と呼ぶにふさわしい働きを見せてきた。ユン・ジョンファン監督によってFWに固定された杉本は、昨季に得点ランク2位となる22得点をマーク。一気にブレイクし、日本代表にも名を連ねるようになった。山村はトップ下の才能を見いだされ、本職のボランチとセンターバックも含めたマルチプレーヤーとして活躍。指揮官の信頼が誰よりも厚かった山口は、今季から主将を託され、ピッチ内外でまとめ役を任されていた。実力が認められたからこそ他クラブから届いた正式オファー。評価されることは選手にとって喜ばしいことだが、C大阪にとっては、頭を悩ませる大きな問題となっている。

 最終節の横浜F・マリノス戦の後、杉本は「来年に関してはまだ何も決まっていない」と話すにとどめた。山口も同様で「去年はほとんど休んでないので。(オフはまず)休むことだけを考えます」とし、去就については明言を避けていた。ふたりはC大阪の育成組織出身。プロになってから一度は他クラブへ移籍し、再びC大阪に復帰したプロセスも同じだ。移籍金を払って買い戻してもらった恩義があり、中学1年から過ごしてきたクラブに愛着があることは確かだが、完全移籍でC大阪を離れることが現時点で決定的となっている。杉本は浦和へ、山口は神戸へ、そして山村は川崎へ。正式に発表される日が近づいている。
 
 新シーズンを前にした痛すぎる流出。とはいっても、その状況に甘んじているわけにはいかない。ユン・ジョンファン監督の契約満了に伴い、昨季から東京ヴェルディを率いてきたスペイン人のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を招聘することが決定。新体制となる来季に向けて、大熊清チーム統括部長のもと、既存選手の慰留とともに水面下で補強にも着手してきた。すでに獲得が決定的となっているのが、ブラジルのグアラニに所属するU-20ブラジル代表FWブルーノ・メンデス。184センチの上背を誇り、過去にはポルトガルでもプレーし、欧州のビッグクラブにも注目されていた存在。昨季は怪我があったものの、足もとに技術にも長けており、能力に疑いの余地はない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ