【プレミア・プレーオフ】来季昇格の大宮エースが殊勲弾!クラブユース得点王がFWにこだわらないワケは?

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2018年12月15日

完璧なヘッド弾が劣勢だった試合の流れを変える

決して大柄ではないが、巧みな駆け引きで空中戦を制する能力は吉永の魅力のひとつだ。写真:森田将義

画像を見る

 小学校5年生からアルディージャ一筋。来季からのトップ昇格が決まり、将来のバンディエラ候補と目されている大宮アルディージャユースのFW吉永昇偉(3年)が、プレミアリーグ参入をかけた一戦で実力の片鱗を見せつけた。
 
 プレミアリーグ・プレーオフ(参入戦)の1回戦で対戦したサガン鳥栖U-18は今回の昇格筆頭候補という声も多かった強敵。夏の日本クラブユース選手権(U-18)の準々決勝で対戦した際は3-2で競り勝ったものの、「プリンス(リーグ)九州では無敗のチームで、対戦した際も強いなという印象があった。正直、今回どんなゲームになるかも分かっていなかった」(吉永)。その不安は的中し、4分にPKを献上。久保賢也(2年)のセービングによって失点を免れた一方で、試合のペースを掴みながら鳥栖のゴールを割れない展開が続いた。
 
 決して良い流れとは言えない状況を破ったのは、27分に9番を背負うエースが見せたプレーだ。左サイドでMF渡辺俊介(3年)がボールを持った状況から吉永が動く。
 
「あまり身長が高くないので、(良い)タイミングで動きたい。両サイドハーフが顔を上げたタイミングでプルアウェイの動きをしようと心がけていた」
 
 クロスが上がった瞬間にゴール前で上手くマークを外した吉永は、絶妙な間で宙を飛び、ヘディングシュートを豪快に叩き込んだ。
 
「プリンスリーグ関東でも同じ形でゴールを決めることが多かった。あれは自分たちの形」と振り返る一撃で勢いに乗ったチームは、そこから2得点。快勝の立役者となった吉永は相手セットプレーの際にも、跳ね返し要員としても機能し、攻守で貢献した。
 
 勝負強さを見せつけた吉永だが、点取り屋として活躍した時間は決して長くない。現在と同じく丹野友輔監督のもとでプレーしたジュニア時代は、「置いたポジションで仕事をしてくれる選手」(丹野)という期待に応え、CB、ボランチ、FWなどセンターラインであればすべてに対応。中学に入ってからは右SBに専念し、高校進学後も持ち場は変わらなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ