同年代の久保、斉藤に負けられない!! 桐光学園エース・西川潤がプリンス関東の悔しさをバネにブラジルへ!

カテゴリ:日本代表

安藤隆人

2018年12月12日

プリンスリーグ関東残留を懸けた一戦の行方は…

U-16アジア選手権ではMVPを獲得する活躍を見せた西川。プリンスリーグ関東でチームは9位に終わったが、U-19日本代表のブラジル遠征、そして選手権と活躍が期待される。写真:安藤隆人

画像を見る

 絶対的エースのきらめきは見せた。しかし、チームを残留確定まで導くことができなかった。

 プリンスリーグ関東最終節・三菱養和SCユース対桐光学園の一戦で、桐光学園の2年生エース・西川潤は、持ち前の縦への推進力を駆使して、相手の脅威となり続けた。

 17節終了時点で、三菱養和は8位、桐光学園は9位(勝点差はなし、得失点差での順位)で、最下位の山梨学院との勝点差はわずかに1と、都県リーグ降格の可能性が大きい順位にあった。それだけにこの一戦を落とすと、一気に最下位となる可能性もはらんでいた。しかも、上を見ても7位の川崎フロンターレU-18との勝点差もわずか1で、6位の桐生一との勝点差は3と、勝利を掴めば、他の試合結果によっては一気に降格圏外の7位以上に浮上できるチャンスでもあった。

 それゆえに両チームとも勝ちたい一戦だった。西川も試合前から鋭い目つきで、闘う姿勢に火を点けており、キックオフとともにその牙を三菱養和にむき出した。

 開始早々に西川がドリブルで仕掛けると、左サイドを駆け上がったFW佐々木ムライヨセフに絶妙なスルーパスを送り込んだ。
「ヨセフはスピードがあるので、強めに出した」とチームメイトの特徴を理解した正確なパスに抜け出した佐々木は、冷静に中央に折り返すと、ゴール前に走り込んだFW敷野智大がドンピシャのヘッドで合わせ、桐光学園が先制に成功をした。

 その後も西川はドリブルとパスで試合を組み立てる役割を担った。時には自身も突破を仕掛けて強烈なシュートを放つなど、前半は圧巻の存在感を放っていた。

 しかし、後半は徐々に三菱養和の猛攻に後手に回るようになり、彼のもとに思うようなボールが来ない状態となった。49分には右からのクロスをDF渡辺大貴に頭で決められ、同点に追いつかれると、190cmのFW栗原イブラヒムジュニアの正確なポストプレーに苦しみ、絶える時間が続いた。

 それでも望月駿介と内田拓寿の1年時からコンビを組むCBを中心にした堅い守備で、これ以上スコアを動かすことは無く、1−1のドロー決着となった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ