U-16日本代表、6大会ぶり3度目のアジア制覇!! エース西川潤の大会初ゴールが決勝弾!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月07日

前半はタジキスタンの攻勢に苦しめられるも後半に逆襲

ついに決勝の舞台で初ゴール、そして決勝点を奪った西川。日本を3度目の優勝に導いた。写真:佐藤博之

画像を見る

 マレーシアで開催されているU-16アジア選手権は10月7日、クアラルンプールのブキット・ジャリル国立競技場で日本対タジキスタンの決勝が行なわれ、日本が1対0で勝利し、6大会ぶり3度目の優勝を飾った。

 グループリーグではスコアレスドローに終わっていた両チームの対戦は、タジキスタンが序盤からハイペースに攻める。グループリーグでの対戦時には90分のほとんどの時間帯を自陣に引きこもって守り通しただけに、決勝では打って変わって攻撃的な姿勢を見せた。

 23分にはカウンターから左サイドを破られ、10番のザイロフに決定的なシュートを許すが、ここはGK野澤大志ブランドンがファインセーブ。さらに続くCKでも相手のヘディングシュートを野澤が好守で凌いだ。

 一方の日本は多彩なビルドアップから前線の西川潤、唐山翔自にボールを集めようとするが、タジキスタンの厳しい寄せに苦戦。最終ラインの裏へ抜け出すシーンも見られたが、守護神のハサノフの好守などでゴールには至らない。44分にはゴール前でパスを受けた西川が左足を振り抜くが、これもGKにキャッチされた。

 結局、前半は0-0で終了した。

 前半はタジキスタンの攻勢に苦しめられた日本だが、後半は逆襲に転じ、タジキスタンゴールに近づいていく。53分に唐山が、直後の54分には交代出場の中野瑠馬が決定機を迎えるが、GKハサノフの好守に阻まれる。

 しかし64分、日本はここまで無得点のエース西川がついに均衡を破る。左サイドへの展開から、折り返しのクロスに対して西川が左足を振り抜き、ネットを揺らした。西川の今大会初ゴールで日本が先制する。

 日本はその後も畳みかけ、67分には再び西川が決定的なシュートを放つが、ここは惜しくもバーの上を通過。追加点とはならない。

 終盤、タジキスタンも選手交代などで反撃に出るが、日本は最終ラインの半田陸、鈴木海音が堅守を構築し、得点を許さない。

 そして試合は1-0のままタイムアップ。日本がタジキスタンを下し、6大会ぶり3度目の優勝を飾った。日本は、タジキスタン、韓国、オーストラリアとともに、来年ペルーで開催されるU-17ワールドカップに出場する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ