名手ロッベンと堂安律がチームメイトに!?「実にロマンティックな選択だ」と蘭紙が期待

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月05日

故郷フローニンヘンに新居を建てたとも

バイエルン退団後のロッベン(左)がオランダに戻るとすれば、その行き先は生まれ故郷のフローニンヘンか。となれば堂安(右)と……。(C)Getty Images

画像を見る

 10年に及ぶバイエルン・ミュンヘンでの日々にピリオドを打ち、今シーズンいっぱい(2019年6月末)で退団すると発表したアリエン・ロッベン。元オランダ代表MFが現役を続行するのか、あるいはスパイクを脱ぐのかは現時点で定まっていない。34歳ながらパフォーマンスに錆び付きは感じられないため、まだまだトップシーンで活躍できるとの見立てが大半を占めている。

 そんななか、母国オランダの全国紙『Volkskrant』が「アリエン・ロッベンはフットボールの旅を続けるのか?」と銘打った特集記事を掲載。長くロッベンを取材し続ける看板記者のヴィレム・ヴィセルズ記者が独自の見解を示しながら、4つの新天地候補を挙げた。

 
 メジャーリーグサッカーに属するトロントFC(カナダ)、ロッベンの恩師であるジョゼップ・グアルディオラが監督を務めるマンチェスター・シティ(イングランド)、ヴィッセル神戸をはじめ、ダビド・ビジャが新天地を求めていまや欧州でも話題の的となっているJリーグ。そして最後の4つ目に取り上げたのが「オランダへの復帰」で、同記者はフローニンヘンが有力だと書き綴っている。

「もしロッベンがオランダに戻るとして、論理的に考えるならば、行き先はPSVが有力だろう。監督のマルク・ファン・ボンメルは彼の旧友であり、なくはない話だ。だが私はもうひとつのロマンティックなオプションを信じる。それはフローニンヘンへの帰還だ」

 ロッベンはフローニンヘン郊外のベドゥムという小さな町の出身。FCフローニンヘンは彼がユース時代を過ごし、わずか16歳でプロデビューを飾った思い出深いクラブだ。18歳だった2002年にPSVに引き抜かれ、以降はチェルシー、レアル・マドリー、バイエルンとメガクラブを渡り歩いた。いわばオランダ北部の古豪は、彼の原点とも言える場所なのだ。

 ヴィセルス記者はこう続ける。嘆願にも近い、熱いメッセージだ。

「彼は最近、故郷のフローニンヘンに新しく家を建てた。もしクラブに帰還すれば、若い頃のように自転車で練習に通うことができるだろう。もちろん今も昔もフローニンヘンは、アヤックスやPSV、フェイエノールトように栄華を極められるチームではない。ただ彼らはエールディビジ(1部リーグ)に居続け、独特の異彩を放つ魅力的なクラブだ。ロッベンはフローニンヘンに戻ってきても、なにかドデカイことをなし遂げる必要はない。待ち焦がれたサポーターたちの前で、その雄姿を見せるだけでいい。シーズンチケットは飛ぶように売れ、スタジアムは毎試合のように満員札止めとなるだろう。その最高の雰囲気のなかで、ロッベンの“最初のドリブル”にファンは狂喜乱舞するのだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ