ビジャが明かした神戸加入の"決め手"。気になる背番号の行方は?

カテゴリ:Jリーグ

白井邦彦

2018年12月01日

「イニエスタと一緒にプロジェクトの手伝いができる。そこに大きな魅力を感じました」

三木谷会長(左)とともに登壇したビジャ(右)は、「三木谷会長をはじめ、神戸のスタッフは自分のことをすごく必要としてくれ、歓迎をしてくれた」と語った。写真:川本学

画像を見る

 J1最終節の仙台戦を3-2の勝利で締めくくった神戸。内容的にも、前半から多くの見せ場を作るなどスタジアムを沸かせた。
 
 そのなかで、違う形でスタジアムを盛り上げたのが元スペイン代表のダビド・ビジャだった。大型ビジョンに姿が映されると、観客席からは大きなどよめきが起こった。ハーフタイムにはピッチに姿を現し、笑顔でファン・サポーターの声援に応えていた。
 
 そして試合後。今度は約100人の報道陣がつめかけた加入記者会見を大いに賑わせた。
 
 まず会見では三木谷会長が挨拶。「このたび、元スペイン代表でバルセロナでも活躍したビッグネームを迎えることができ嬉しく思います。監督とも相談して獲得を決めました。神戸のスタイルに合うストライカーだと思います」
 
 そしてビジャが挨拶。続けて神戸加入の理由をこう述べた。
 
「神戸が推進しているプロジェクト(アジアナンバー1クラブ)の一員になれる。神戸にはすでにテクニカルなスタイルを体現しているイニエスタがいて、彼と一緒にプロジェクトのお手伝いができる。そこに大きな魅力を感じました」
 神戸加入については友人のイニエスタにも相談したと明かす。
 
「神戸からオファーを受けた際には彼に電話をした。素晴らしい時間を過ごしていると言っていた。クラブの居心地もいいとね。イニエスタとはチームメイトであり、長年の友ですし、また違った場所でともに大きなプロジェクトに関われることを楽しみにしています」
 
 そのイニエスタは試合後の囲み取材で、時折笑顔を浮かべながらビジャについてこう話している。
 
「(ビジャは)神戸がやろうとしているサッカーへの理解は高い、神戸にとっては貴重なピースになると思っています」
 
 今季終盤の神戸は、ボールを握り、決定機を多く作れるようになった。だが、最後のフニッシュに課題を残していた。失点が多いという課題はさておき、得点力の高いビジャの加入でひとつの課題はクリアされる可能性が高い。もちろん、ビジャも自分に求められている役割は熟知している。
 
「三木谷会長をはじめ、神戸のスタッフは自分のことをすごく必要としてくれ、歓迎をしてくれた。できるだけ早くスパイクを履いて、ゴールを決めることでその想いに応えたいと思います」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ