ビジャの決定力は「J史上最高」だ! W杯とEUROの得点王など偉大な経歴とは?

カテゴリ:Jリーグ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年12月01日

クラブでも代表でもゴールを量産してきた。

EURO2008と2010年W杯で得点王に輝いたビジャ(左)。当時の盟友イニエス(右)と新天地ヴィッセルで再びコンビを組む。(C)Getty Images

画像を見る

 またもJリーグに大物スターがやってきた。12月1日、元スペイン代表FWのダビド・ビジャが、自身のツイッターとYouTubeチャネルでヴィッセル神戸と契約を結ぶことを発表したのだ。
 
 1981年12月3日生まれで間もなく37歳を迎えるビジャは、スポルティング・ヒホンでプロデビュー後、サラゴサ、バレンシア、バルセロナ、A・マドリーで活躍し、14年夏にはニューヨーク・シティと契約(一時期は兄弟クラブであるメルボルン・シティでもプレー)。クラブレベルでの公式戦通算成績は720試合・358得点と高い決定力を誇った。
 
 2005年にデビューしたスペイン代表では98試合に出場し、59得点はあのラウール・ゴンサレスの44得点を超える同国歴代1位。いずれも優勝したEURO2008と2010年ワールドカップでは、それぞれ得点王となる4得点と5得点を挙げている。

 ゲーリー・リネカーやサルバトーレ・スキラッチ、フリストフ・ストイチコフ、ディエゴ・フォルランなど過去にもJリーグ入りしたワールドカップ得点王はいたが、ワールドカップとEUROの両コンペティションでトップスコアラーに輝いた実績を持つ選手のJクラブ加入は史上初だ。
 
 間もなく37歳ともちろん全盛期は過ぎているが、ヴィッセル神戸にはバルサとスペイン代表で長くコンビを組んだアンドレス・イニエスタがいるだけに、その得点力には要注目だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月27日号
    12月13日発売
    2018年 Jリーグ総決算
    BEST PLAYER &
    全1354選手の年間査定
    海外組カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24