ビジャの決定力は「J史上最高」だ! W杯とEUROの得点王など偉大な経歴とは?

カテゴリ:Jリーグ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年12月01日

クラブでも代表でもゴールを量産してきた。

EURO2008と2010年W杯で得点王に輝いたビジャ(左)。当時の盟友イニエス(右)と新天地ヴィッセルで再びコンビを組む。(C)Getty Images

画像を見る

 またもJリーグに大物スターがやってきた。12月1日、元スペイン代表FWのダビド・ビジャが、自身のツイッターとYouTubeチャネルでヴィッセル神戸と契約を結ぶことを発表したのだ。
 
 1981年12月3日生まれで間もなく37歳を迎えるビジャは、スポルティング・ヒホンでプロデビュー後、サラゴサ、バレンシア、バルセロナ、A・マドリーで活躍し、14年夏にはニューヨーク・シティと契約(一時期は兄弟クラブであるメルボルン・シティでもプレー)。クラブレベルでの公式戦通算成績は720試合・358得点と高い決定力を誇った。
 
 2005年にデビューしたスペイン代表では98試合に出場し、59得点はあのラウール・ゴンサレスの44得点を超える同国歴代1位。いずれも優勝したEURO2008と2010年ワールドカップでは、それぞれ得点王となる4得点と5得点を挙げている。

 ゲーリー・リネカーやサルバトーレ・スキラッチ、フリストフ・ストイチコフ、ディエゴ・フォルランなど過去にもJリーグ入りしたワールドカップ得点王はいたが、ワールドカップとEUROの両コンペティションでトップスコアラーに輝いた実績を持つ選手のJクラブ加入は史上初だ。
 
 間もなく37歳ともちろん全盛期は過ぎているが、ヴィッセル神戸にはバルサとスペイン代表で長くコンビを組んだアンドレス・イニエスタがいるだけに、その得点力には要注目だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月9日号
    4月25日発売
    さらば平成──
    日本サッカー激動の30年史
    厳選20クラブヒストリーに
    巻頭では小野伸二が登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ