【広島】現役最後のホーム戦での26分間、森﨑和幸がプレーで教えてくれた大切なこと

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2018年11月25日

48回のタッチ数でパス成功率は97.8%

97.8%のパス成功率を叩き出した森﨑は、チームの攻撃を牽引した。写真:徳原隆元

画像を見る

「彼が入ってからゲームの様相が変わった」
 
 1-2で名古屋に敗れたホーム最終戦後、広島の城福浩監督は64分から途中出場した森﨑和幸をそう言って称賛した。
 
 指揮官の言葉通り、背番号8がピッチに立ってから、広島はほとんどの時間帯を相手陣地でポゼッションして攻め続けた。その中心にいたのはボランチの森﨑であり、低い位置から少ないタッチでビルドアップしながら、正確なロングフィードを通すスキルの高さも見せた。
 
 その能力の高さは、数字でも窺える。データサイト『Opta』によると、森﨑は26分のプレータイムのなか、48回のタッチ数でパス成功率は97.8%。ちなみに、彼と交代したトップ下の川辺駿は、64分のプレータイムのなか、35回のタッチ数でパス成功率は79.2%だった。
 森﨑が見せたプレーの意味は大きい。なぜなら広島は現在、「このチームが完全にシフトしたわけではないけれども、少し足もとでつなぐこともトライするゲームを志向している」(城福監督)真っ最中だが、名古屋戦で6連敗と結果が出ていないからだ。そんななかで、クラブのレジェンドが見せた26分のプレーのなかには、ポゼッションへチャレンジするうえでのヒントが凝縮されていた。
 
 それはなんだったのか。まずは、森﨑のプレーから選手たちが感じたことを一挙に紹介する。
 
「ゲームの読む力だったり、落ち着かせられるところだったり、こういう攻め方をするんだっていうのを、言葉ももちろんですけど、プレーで示してくれるのはカズさんぐらいしかいない。改めてそういうところは凄かった」(青山敏弘)
 
「自然とカズさんにボールが集まっていたし、そういうリズムができていた」(林卓人)
 
「やることが分かりやすくなった。チームに対するメッセージをプレーで発してくれる。そういうのはレベルの違う選手だなと思う」(稲垣祥)

「落ち着きだったり、メッセージのあるパスが出せるので、そういうのはみんなが感じていたと思う」(野上結貴)
 
「カズさんがクオリティのある選手というのは、今日の試合中にも発揮していた。パス一本の質で全然周りの人と違うなと思うくらい。そういうのは、もっと見習うべきだと思う」(川辺駿)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ