5連敗で優勝の夢潰える…広島の城福監督「あれが入らないのか」「顔を上げたい」と複雑な心境を吐露

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月10日

「いつかは我々のほうにボールが転がってくると信じてやるだけ」

城福監督は「この状況をなんとかしたいと思って選手はやっている」と選手たちのパフォーマンスを評価した。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ32節]広島0-1仙台/11月10日(土)/Eスタ
 
 J1リーグ32節のサンフレッチェ広島対ベガルタ仙台が10日、エディオンスタジアム広島で行なわれ、広島が0-1で敗れた。これで広島は5連敗。勝てば優勝への望みをつなげた試合で無得点に終わり、選手・スタッフは肩を落とした。
 
 試合後のフラッシュインタビューに応じた広島の城福浩監督は、「残念です」とひと言。続けて試合を振り返り、「選手たちはやれることはやったし、結果は残念ですが、ヘッドダウンする必要はないと思います」と気丈に語った。
 
 試合は67分に仙台の石原直樹にファインゴールを決められ、1点を返せないまま終了の笛を聞いた。広島もパトリックを軸にゴールに迫ったが、日本代表GKシュミット・ダニエルの攻守に阻まれ続けた。
「もちろん、結果責任はありますが、見た通り、あれが入るのかというゴールがあり、あれが入らないのかという場面が続いている。この状況をなんとかしたいと思って選手はやっていますし、顔を上げたいと思います」
 
 広島はここ5試合で、わずか2得点。シーズン終盤になって攻撃陣が不振に陥り、星を落とし続けて川崎の連覇を許した。この仙台戦でもエースのパトリックが絶好機を迎えながら、決めきれずに1点に泣いている。
 
 それでも城福監督は、「いつも我々はやるべきことをやり続けているので、いつかは我々のほうにボールが転がってくると信じてやるだけです」。残り2試合に全力を尽くす覚悟だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ