トリッキーなFKからのゴール、「リハーサルどおり!」というピケの主張に対して“正直者”のメッシは…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月29日

「僕のミスキックをピケが生かしてくれた」

メッシ(背番号10)のFKを、途中で角度を変える形でゴールに流し込んだピケ(左から二人目)。得点した本人は「練習どおり」と主張するが…。(C)Getty Images

画像を見る

 バルセロナは11月28日、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループB第5節で、PSVに敵地で2-1と勝利し、首位での決勝トーナメント進出を決めた。

 61分にリオネル・メッシのゴールで先制したバルサは、70分に追加点を奪った。直接FKの場面でメッシがシュートを打つと、壁の間にいたジェラール・ピケがこれに右足インサイドで合わせ、コースを変えてネットを揺らす。リードを2点に広げたバルサは、その後1点を許したものの逃げ切りに成功している。

 試合後ピケは、自身の得点について冗談まじりに、「リハーサルどおりだった!」と狙ったプレーだと話している。だが、『ESPN』によると、メッシは『Movistar』で「違うよ。それはウソさ(笑)」と否定した。

「あれは僕がFKを蹴り損なっただけ。でもラッキーなことに、たまたまボールが飛んだ方向にピケがいてくれてね。僕のミスキックを彼が生かしたというわけさ」
 
“正直者”のメッシは「オープンな試合だった」とゲームを振り返っている。

「前半は僕らがボールを簡単に失いすぎた。相手にカウンターとFKをプレゼントしすぎて、多くのチャンスをつくらせてしまったね。2点をリードしてからも、彼らはたくさんクロスを入れてきた。ボックス内に高さのある選手が多かったから、守るのが難しかったね」

 エルネスト・バルベルデ監督も、「我々がボールを渡しすぎて危険な場面をつくられた」と反省した。

「彼らに多くのチャンスをつくられた。我々は守備が確実じゃなかったね。ゴールマウスを叩く場面やCKがあった。とくに最初の20分は問題だったよ」

 ただ、最終節を前に首位通過を決められたのは大きい。バルベルデ監督は「難しいチームとの対戦だったが、望んでいたことを実現できた」と喜んだ。

 今シーズンは開幕前に主将メッシが欧州制覇への想いを口にするなど、4年ぶりのビッグイヤー奪還に意気込むバルサ。首位通過を果たしたチームは、このままファイナルまで勝ち進めるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ