「足が折れていたかも」「一発レッドだ」 ヴェッラッティの悪質タックルにリバプールOBやクロップ監督が怒り!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月29日

「タックルを受けたのがネイマールだったら…」

ヴェッラッティの足裏タックルがゴメスの右足を直撃! 間髪入れずにイエローカードが提示されたが、「レッドがふさわしい」との声が多数噴出している。(C)Getty Images

画像を見る

 11月28日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)第5節、グループCのパリ・サンジェルマン(パリSG)対リバプールの大一番は、2-1でホームのパリSGが勝利した。

 リバプールのユルゲン・クロップ監督は試合後、判定への不満をうかがわせた。指揮官が問題視した場面のひとつが、パリSGが先制して迎えた24分のマルコ・ヴェッラッティのプレー。ジョー・ゴメスに対して足裏を見せながらタックルしたシーンだ。

 主審はヴェッラッティにイエローカードを出した。だが、英紙『Daily Mail』によると、リバプールOBのヨン・アルネ・リーセは『BT Sport』で、「一発レッドカードにすべきだ」と、ヴェッラッティを退場にすべきだったと主張している。

「ゴメスの(蹴られたほうの)足が浮いている状態だったのは幸いだよ。もし軸足に食らっていたら、確実に折れていただろう」
 

 同じくリバプールOBのスティーブ・マクマナマンも「ひどいタックルだった」と批判。また元オランダ代表のルート・フリットは『beIN Sports』で、「もしあのタックルを受けたのがネイマールだったら…」と、ファウルを受けたのがゴメスでなくネイマールであれば、ヴェッラッティは退場になっていたはずとの見解を示唆した。

『ESPN』によると、クロップ監督も『BT Sport』で、リバプールにPKが与えられた場面でも、主審が最初はコーナーキックと判定していたことを指摘。「彼はファウルの笛も吹かなかった。まったく理解できない。そしてヴェッラッティのファウルだ。ワオ! だよ」と怒りを表わしている。

「非常に重要な大会におけるタイトな一戦だった。我々は何枚のイエローカードを出された? クレイジーだよ。ちょっとシャツをつかむのが、ヴェッラッティのあのファウルと同じ(カードの)色でいいのか?」

「こういうことを受け入れるのは厳しいよ。それが我々の仕事ではあるけどね」

 昨シーズンのファイナリストであるリバプールだが、アウェーゲームを3つとも落とし、グループステージ敗退の危機にある。勝点6の彼らがグループステージを突破するには、勝点9で首位に立つナポリとの最終節での勝利が必須となる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ