W杯得点王の元スペイン代表FWビジャもJリーグ挑戦が濃厚に! 米メディアが伝えた有力候補は?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月29日

移籍先はNYシティと同じグループの傘下にある横浜が有力か?

今シーズンも15得点を叩き出して、その実力が健在であることを証明したビジャ。Jリーグ挑戦が決定すれば、得点の量産が期待できそうだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 実現すれば、ルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタ、フェルナンド・トーレスに続くビッグスターがJリーグに舞い込むことになる。

 現地時間11月28日、メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCは、元スペイン代表FWダビド・ビジャが今シーズン限りで退団することを発表。それに伴ってMLSに精通するアメリカ人ライターのパブロ・マウアー氏が、自身の公式ツイッターで、「ビジャの新天地が日本になる可能性がある」と主張した。

 同氏は、「確定的な情報ではない」と前置きしたうえで、「私はここ数日間で彼が来年に日本へ行くという話を聞いている」と発信。これに続くかのように『Sky Sports』や『FOX Sports』も一斉に報道。それによれば、早ければ来週にもビジャのJリーグ挑戦に関する正式な情報がリリースされるという。

 その移籍先としては、アメリカの複数メディアが、NYシティと同じ『シティ・フットボール・グループ』傘下である横浜F・マリノスが「有力候補」と伝えている。

 ビジャは言うまでもなく一線級のストライカーだ。故郷のスポルティング・ヒホンでキャリアをスタートさせ、その後、サラゴサとバレンシアを経て、2010年の夏にバルセロナへ加入。卓越した足元の技術と抜群のシュート精度を武器にした万能型のFWとして、リオネル・メッシらとともに活躍。ラ・リーガやチャンピオンズ・リーグ(CL)制覇など多くのタイトル獲得に貢献した。


 その後、2013年の夏に加入したアトレティコ・マドリーで活躍した後、2014年の8月からMLSに新規参入したNYシティへの加入を決断したビジャは、同年10月に系列クラブであるAリーグのメルボルン・シティFCでの短期間のレンタル移籍を経て、翌シーズンからMLSに本格参戦していた。

 在籍4年間で124試合に出場して80ゴールと上々の数字を記録し、2016年にはMLSの最優秀選手賞も獲得していた。36歳となった今シーズンも、プレーオフを含めリーグ戦26試合に出場して15ゴール・5アシストと衰えを感じさせない好成績をマークしている。

 スペイン代表としても歴代最多となる59ゴールを記録し、EURO2008と2010年の南アフリカ・ワールドカップで得点王に輝き、優勝の立役者の1人となっていたビジャ。そんな世界でも指折りの点取り屋が、Jリーグへやってくることになれば、より一層、活気づいていきそうだが、果たして……。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ