ショックで早々に帰る子供も… Jリーグ史上稀に見るあまりに不思議で残念な一戦の顛末

カテゴリ:Jリーグ

前島芳雄

2018年11月26日

サポーターから人望の厚い兵働昭弘の引退試合であり、急逝した久米一正GM、藤川孝幸氏の追悼試合でもあった

様々な出来事が重なった清水対神戸の一戦。六反による珍しいGKのゴールも最終盤の出来事で霞んでしまった。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 まさに前代未聞の試合だった。
 
 異様に長いアディショナルタイムの中で、ふたりの救急搬送、2人目の退場、乱闘寸前の小競り合い、GKによる土壇場の同点ゴール……めったにないことが重なりすぎて、表現する言葉も見つからない。
 
 キックオフ前、この一戦にはさまざまな深い想いがかかっていた。清水にとっては今季のホーム最終戦で、選手からもサポーターからも人望の厚い兵働昭弘の引退セレモニーが控えている。さらに前日(23日)夜にはクラブの副社長兼ゼネラルマネジャーである久米一正氏が急逝し、その追悼試合ともなった。
 
 神戸にとっても、2001~04年にGKコーチを務めた藤川孝幸氏の逝去を悼む試合であり、自力でのJ1残留もかかっていた。イニエスタ効果もあって今季初めて2万人を越えた超満員のアイスタを舞台に、両チームとも腕に喪章を巻き、黙祷の後にキックオフを迎えた。
 
 前半は、気負いがあったのか両チームとも少しミスが目立ったが、神戸は2列目のイニエスタとポドルスキが良い形でボールを持つと、3列目の3人(伊野波、藤田、三田)が代わる代わる追い越して前線に飛び出し、先に主導権を握る。一方、CBのフレイレが左足首を傷めて欠場した清水は、ディフェンスラインの右側(右CBの立田と右SBの飯田)が急造コンビ。神戸はその裏を突いて続けざまにチャンスを作り、26分にはイニエスタの絶妙なループパスから藤田が立田の裏に飛び出して先制シュートを決めた。
 
 だが、清水も得意のショートカウンターなどで盛り返し、39分にミスパスを拾って攻め上がったボランチ河井が、金子とのワンツーから押し込んで同点。注目のイニエスタが随所で観客を唸らせるプレーを見せ、清水も代表帰りの北川の力強いプレーなど良い面も出て、内容もイーブン。重要な一戦にふさわしい見応えのある戦いになっていった。
 
 ただ、後半は運の要素が神戸に傾く。52分の古橋のヘディングは、アイスタ特有の強い西日の影響でGK六反がボールを見失い、頭上を越えてゴールに吸い込まれた。62分の三田の左クロスは「狙わないで入ったシュートは初めて」と本人も振り返ったように、本来の狙いは逸れたが絶妙なループシュートとなって逆サイドのゴールネットを揺らして3点目。神戸が2点のリードを奪った。
 
 その後は、神戸が堅実に守りながらカウンターを狙い、清水が攻めあぐねる展開となったが、83分に藤田が2枚目のイエローカードを受けて退場になったところから流れが変わり始める。さらにCBの宮が足をつってピッチ外で治療し、神戸が9人になっていた87分にドウグラスに決められて1点差。
 
 そのまま4分と表示されたアディショナルタイムに突入したが、そこからはまったく別の試合になってしまった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ