【東京V】価値ある1勝も「納得いっていない」。渡辺皓太の“モヤモヤ”の理由は?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年11月25日

「あれだけスペースと時間があれば、点を取らないと」

前半から要所でプレーに絡み、多くのチャンスに絡んだ渡辺。相手にとって脅威となったが、決定的な仕事ができず悔しさを滲ませた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1参入プレーオフ1回戦]大宮0-1東京V/11月25日/NACK
 
 敵地での戦いで、しかも後半の途中からは内田達也の退場で数的不利となる。引き分けでは敗退が決まる。そんな厳しいシチュエーションでも、東京Vは大宮を相手に平智広のゴールで1-0の勝利を収めてみせた。

 71分、セットプレーの好機をモノにしてゴールをこじ開け、この虎の子の1点を守り切った東京Vがプレーオフ1回戦を突破した。
 
 11年ぶりのJ1昇格に向け、大きな一歩を踏み出す。ただし、2シャドーの一角で先発した渡辺皓太は試合後、「あんまり納得はいっていない」と険しい表情を見せた。
 
「前半のうちに試合を決めていてもおかしくなかった」
 
 背番号33がそう振り返るように、序盤から東京Vが主導権を握り、押し気味にゲームを進める。ポゼッションで圧倒し、大宮を押し込んでいくが、そこで仕留められなかったことに、渡辺は悔しさを滲ませる。
 
「あれだけ(ボールを)持てて、あれだけスペースと時間があれば、点を取らないと」
 
 勝者となっても慢心はない。もっとも、「こういう勝ち方ができるのは、何か“持っている”んじゃないか、このまま行けるんじゃないか。次も勢いを持って入れると思う」と手応えも口にする。
 
 2回戦の相手は、今季のJ2リーグで3位の横浜FC。渡辺は「そこまでガツガツ蹴ってくるチームではないし、今日みたいな試合になると思う」と語り、「本当に、最後の精度。その差の勝負になってくる」と展望する。
 
 フィニッシュの場面でどれだけ違いを生み出せるか。その重要なタスクを担う成長著しいアタッカーの渡辺は、「自分のラストパス、クロス、シュートっていうところで、チャンスをいっぱい作っていきたい」と意気込んだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】東京Vを彩る美女チアリーダー『ヴェルディヴィーナス』!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ