「彼はいつだって英雄だ」スペイン紙が“大荒れ”清水戦でのイニエスタの紳士的振る舞いを絶賛!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月25日

「トラブルに遭っても冷静であり続けた」

場が荒れても冷静に振る舞い続けたイニエスタに、母国からも称賛と尊敬の声が寄せられている。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 11月24日、Jリーグ33節、清水エスパルス対ヴィッセル神戸の一戦は3-3の引き分けに終わった。

 試合は、26分にアンドレス・イニエスタの見事なループパスから藤田直之が決めて神戸が先制。清水は河井陽介のミドルシュートで追いつくものの、後半には神戸が古橋亨梧、三田啓貴の2ゴールで3-1と突き放した。だが清水は87分にドウグラスの得点で1点差に迫ると、負傷者の続出で大幅に伸びた後半アディショナルタイムの14分、GK六反勇治のヘディングシュートで3-3に追いつく。まさに怒涛の展開が繰り広げられた。

 しかし、3-3となった後のアディショナルタイム15分過ぎ、神戸のウェリントンが清水の石毛秀樹を倒し、これをきっかけに両チームがエキサイトし、ウェリントンは退場処分に。もみ合いになってしまう。さらに、退場処分を受けたウェリントンは審判に食ってかかり、場を収めようとした六反を投げ飛ばすなど、スタジアムは騒然とした雰囲気に包まれた。

 そんななかでも、冷静さを失わなかったのがイニエスタだ。エキサイトしたウェリントンやルーカス・ポドルスキら仲間をなだめながら、試合を落ち着かせようとし続けた。興奮したウェリントンがピッチを去るまで、その振る舞いは続いた。

 この姿に、イニエスタの母国であるスペイン全国紙『MARCA』は、「ウェリントンは自我を失い、ポドルスキも落ち着きを欠いたなか、イニエスタはピッチの英雄として見事に振る舞った」と絶賛。マドリードに本拠を置く『EL ESPANOL』紙も、「20分にも及ぶアディショナルタイムで彼はトラブルに巻き込まれた。だが、混乱が発生したなかでも彼はこの場を収めようとしていた」と讃えた。

 また、この出来事を知ったスペインのサポーターは「イニエスタはどんな時だって英雄だ」「模範とすべき」と惜しみない賛辞を送っている。

 絶賛された当人は、試合後に自身のSNSを更新。勝点1を獲得したことを喜び、「非常にタフなゲームだった。次はもっといい状態の姿を見せたい。ファンの皆さん、いつも本当にありがとう。最後まで共に頑張ろう」とメッセージを送った。これには日本のファンも「なんて紳士なんだ」「真のアスリート」とイニエスタへのリスペクトを新たにしている。

 Jリーグは1試合を残すのみ。最終節、神戸はホームにベガルタ仙台を迎える。人間性も尊敬される元スペイン代表のレジェンドは、今シーズンの締めくくりに、どんなプレーを見せてくれるのだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ