【岩政大樹】交代後の2ゴールは偶然ではない。大迫の早い動き出しが”新BIG3”を活かす流動性を生み出している

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2018年11月21日

結局、森保監督は”代名詞”の3バックを一度も使わなかった

大迫が素早い動き出しでスペースを作り、それを中盤のタレントが有効活用している。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 キルギスに隙を見せず4−0で勝利。アジアカップまでの5試合を4勝1分けで駆け抜けた森保ジャパンは順風満帆の船出。内容も伴っての結果ですから、ここまでは素晴らしいと言っていいでしょう。
 
 結局、アジアカップまで森保監督は”代名詞”とも言われていた3バックを一度も使いませんでした。キルギス戦でも新しいやり方よりも新しい選手を試す選択をしています。森保監督は、少なくともアジアカップまでは4バックで、選手たちにチームのやり方でストレスを与えずにチーム作りを進めていく覚悟を固めたのでしょう。
 
 ベネズエラ戦から全てのメンバーを入れ替えた中で注目したのは前線の距離感でした。ベネズエラ戦でも後半の途中から、杉本選手、北川選手、原口選手、伊東選手のセットは見られましたが、その時は大迫選手を起点にして中島選手、南野選手、堂安選手が絡む時とは違い、前線の4人が比較的広い距離感を維持していました。原口選手と伊東選手がサイドに張り、杉本選手と北川選手が横並びのように立ち、4人の距離は決して近く保たれていませんでした。
 
 それがこの4人の選手の特長を生かすための監督からの指示だったのか、あるいは戦況によってピッチ内でそうなっていったものなのか、その見極めをしたかったのですが、どうやら森保監督は基本的にはこの4人のセットの時でも距離を縮めて中で崩しにいく形をとって欲しいことは変わらないようでした。ベネズエラ戦の最後の時間とは違い、基本的には”前線の4人は中で近い距離を保ち、空いたサイドにはタイミングを見てサイドバックが上がる”というこれまでの森保ジャパンで見られている基本的なタスクは人が変わっても変わらないものとしているようでした。
 
 これは全体を通してみれば、決して機能したとは言えなかったと思います。相手のディフェンスラインの前でボールを引き出す動きも、10分を過ぎたあたりからキルギスが中へのパスコースを切る意識を高めたことで手詰まりとなってしまいました。であるならば、流動的な動きで相手を混乱させたいところでしたが、どうしても一つひとつの動きが流れるように連動することがなく、どこかノッキングする印象は否めませんでした。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ