大迫勇也が過熱する"新BIG3"報道に苦言「メディアのみなさんはそこにこだわるけど…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年11月17日

「その3人とだけ絡んでも仕方ない」

正確なポストプレーを披露した大迫。得点こそなかったものの、チャンスに多く絡んだ。写真:徳原隆元

画像を見る

 11月16日、大分スポーツ公園総合競技場で国際親善試合の日本代表対ベネズエラ代表が行なわれた。森保ジャパン発足から4連勝を目指した日本代表は39分に酒井宏樹のゴールで先制するも、81分にPKで失点し、1-1のドローに終わっている。

 2トップの一角でスタメン出場した大迫勇也はベネズエラ戦をこう振り返った。

「チームとしてうまく機能してたのは事実で、相手が良いチームなのも事実。そのなかで2点目が取れなかったことがいちばんの課題ですかね。そんなに悲観する内容ではないと思います」
 
 また、中島翔哉、南野拓実、堂安律の3選手との関係について聞かれると「メディアのみなさんはそこにこだわってますけど、その3人とだけ絡んでも仕方ない。(柴崎)岳にしろ(遠藤)航にしろ良い縦パス出してくれる選手はいるので」と注目が偏っていることへの疑問を口にした。

 それでも試合をこなしていくうえで前線の大迫、中島、南野、堂安の連係は向上している印象だ。大迫は最後に「ほんとに2点目ですね。2点目取れれば良い試合になったと思いますけど、たらればなんで。次に切り替えて、結果を残せるように良い準備をするだけです」と悔しさを滲ませつつも、次の20日のキルギス戦に目を向けた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ