【中島翔哉の見解】GKと1対1になった35分のシュートはミス? それとも…

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年11月16日

相手GKのセーブを褒めるべきなのか

35分にGKとの決めていれば……。中島にとっては悔やまれたシーンだろう。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 18年11月16日、大分スポーツ公園総合競技場で行なわれたベネズエラ代表とのキリンチャレンジカップは1-1の引き分けに終わった。酒井宏樹のゴールで先制しながら後半にPKで追いつかれる展開で、どちらかと言えば悔しいドローだった。
 
 ベネズエラをスコアで圧倒できなかった理由のひとつにいくつかの決定機逸があるだろう。26分の堂安律のチップキック気味のシュートが入っていれば、35分に中島翔哉がGKとの1対1を制していれば、あるいはまた違う展開になっていたかもしれない。
 
 個人的に気になったのは、中島のシュートミス。いや、得点できなかったからという先入観だけでミスと決めつけるのはよくないだろう。だから、ミックスゾーンで訊いてみた。35分の場面、あのシュートはイメージ通りだったのか、と。
 
 中島の答は至ってシンプルだった。
 
「はい。速いシュートを狙いました」
 
 確かに、右足で放ったシュートは、低い弾道でスピードも十分だった。コースも決して悪くなかった。ということは、止めたGKのほうが一枚上手だったということか。そうしたニュアンスの質問を投げかけると、中島は次のように答えた。
 
「コースが空いたと思ったので、ああいうシュートを選びました。結果的に止められてしまったので、他にも選択肢があったのかなと思います」
 
 一見「なぜ決めない‼」と映ってしまうシュートも、中島には中島なりのこだわりがあった。そのプレーだけでは見えてこない真実が、中島のコメントから読み取れた。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本1-1ベネズエラ|酒井宏樹が代表初ゴールもPKで失点。森保ジャパン連勝を「3」でストップ
 
【日本代表PHOTO】日本×ベネズエラ戦の女子サポーターたち!
 
【中島翔哉PHOTO】南米の技巧派と真っ向勝負

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ