「ついにサカイがやった!」仏メディアが酒井宏樹の代表初ゴールを祝福!一方で「残念なPK」とも

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月16日

レキップ紙は「マルセイユの不動の右SBサカイが、日本代表に足跡を残した」と速報

代表初ゴールを決めた酒井に、マルセイユの公式アカウントもすぐさま「おめでとう!」と祝辞を送っている。 写真:徳原隆元

画像を見る

 新体制4試合目となるベネズエラとの親善試合。これまでコスタリカ、パナマ、ウルグアイに3連勝してきた森保ジャパンだったが、ベネズエラとの試合は1-1のドローに終わった。

 試合は39分に日本がFKを獲得し、中島翔哉の鋭いクロスに、酒井宏樹が飛び上がりながら右足を合わせて先制に成功した。

 酒井にとっては代表初ゴール、そして先制点に、フランス全国紙の『L'ÉQUIPE』は「マルセイユの不動の右SBサカイが日本代表に足跡を残した」と速報で伝えている。

「サカイは、48試合を経て、初めてのゴールをベネズエラとの親善試合で決めた。マルセイユでは不動の右SBとして名を馳せている彼だが、金曜日の夜にサムライブルーがベネズエラと対戦するにあたって、定番の右SBで出場。

 彼はなんと、39分に自身初となる代表チームでの得点を決めた。しかも先制点。だが、試合は81分にトマス・リンコンにPKを決められて1-1に終わっている」

 同じくフランスのサッカー専門サイト『FOOT MERCATO』も酒井の代表初ゴールを讃えている。

「日本代表はホームの親善試合でベネズエラと対戦し、世界ランク29位を相手に酒井宏樹が素晴らしい輝きのゴールを見せた。日本代表にとって唯一の得点となった豪快なボレーシュートは、右からのFKから生まれた」

 そして、同メディアは「酒井はフル出場したが、81分に非常に残念なPKで追いつかれてしまった。メンバーを大きく入れ替えたチームは前半とは変わり、決め手に欠けたように見えた」とも評している。

 惜しくも酒井宏樹の初ゴールを勝利で飾れなかった日本代表。しかしまだ3勝1分けと「森保ジャパン負け無し」の記録は続く。次戦は11月20日、キルギス代表と対戦する。

【日本代表PHOTO】日本1-1ベネズエラ|酒井宏樹が代表初ゴールもPKで失点。森保ジャパン連勝を「3」でストップ
 
【日本代表PHOTO】日本×ベネズエラ戦の女子サポーターたち!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ